ノキアンタイヤのハッカペリタR3はどんなタイヤ?感想は?

「ノキアンタイヤを知っていますか?」

ノキアンタイヤにはスタッドレスタイヤがあります。

そのスタッドレスは、「ハッカペリタR3」です。

ここでは、ノキアンのハッカペリタR3をチェックしてみました。

ノキアンタイヤはどんなタイヤ?

ノキアンタイヤ(Nokian Tyres)は、北欧フィンランドのスタッドレスタイヤ。

欧州で人気のタイヤです。
 
ノキアンタイヤのスタッドレスが「HAKKAPELIITTA(ハッカペリタ)」シリーズです。

ノキアン

ノキアンタイヤのスタッドレスは2種類あります。
・ハッカペリタR3
・ハッカペリタR3SUV
 
※他にスパイクタイヤのハッカペリタ9もあります。

 フィンランドではスパイクタイヤの使用が多いです。
 
旧モデルは、ハッカペリタR3で、現在の最新モデル(2022年)は、スタッドレスタイヤ「ハッカペリッタR5」です。

ハッカペリタR3

ハッカペリタR3は、乗用車向けのスタッドレスタイヤです。

SUVモデルのハッカペリタR3 SUVもあります。

ハッカペリタR3 SUVは、SUV用のスタッドレスタイヤです。

ハッカペリタR3の特徴

ハッカペリタR3の大きな特徴は2つです。

  • 氷雪性能
  • 低燃費性能

 
フィンランドで作られているタイヤなので、北欧の氷雪路面に強い設計されています。

また、スタッドレスタイヤは燃費が悪くなりがちですが、燃費性能も考えられて作られています。
 

タイヤ自体の剛性が高く作られていて、ドライの高速性能も高め。

アウトバーンの走行が多い欧州での高速道路を考えられて作っています。
 

タイヤは回転方向があり、タイヤパターンはV字溝でウェットの排水性が高いタイヤ。
 
装着時には、タイヤの回転方向に注意が必要です。
 

ハッカペリタR3は、SUV用もありますが、基本的にパターンは同じで、SUVタイヤの方はよりサイドウォールが強化されています。

ハッカペリタR3 SUVは、サイドウォールが強くなっているのが大きな違いです。

ハッカペリタR3のサイズ

サイズは、14〜21インチまであります。
 
日本の軽自動車のサイズ設定はありません。

175/65R14といったコンパクトカーのサイズから展開しています。
 
ハッカペリタR3は、コンパクトカーサイズから21インチといったビッグサイズの車までラインナップされています。
 
価格はオープン価格ですが、価格は高めという声もあります。

現在は、型落ちになり、価格が安くなっているかもしれません。
 
日本での取り扱いは少ないです。

また、新モデルのハッカペリタR5に変わっています。

Nokian Hakkapeliitta R5 EV 245/45R20 103R XL

Nokian Hakkapeliitta R5 EV 245/45R20 103R XL

52,300円(03/05 12:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

ハッカペリタR3のレビュー・感想

ハッカペリタR3のレビュー・・感想は少ないです。
 
ハッカペリタR3の特徴は、スタッドレスでも燃費性能が高いこと。
 
性能は雪・氷・ドライともにかなり良いという声があります。
 
欧州タイヤで多い、剛性があるスタッドレスタイヤだと思いますが、日本の雪に合うかどうかは不明です。
 
スタッドレスタイヤの性能は試乗してみないとわからないので、機会があればレビューします。
 

スタッドレスタイヤの口コミ
⇒ ブリヂストン ブリザックVRX2の感想・レビュー
⇒ ブリヂストン・ブリザックVRXの口コミと感想
⇒ ヨコハマのスタッドレス「アイスガード6 IG60」
⇒ ヨコハマ IG50プラス
⇒ ダンロップのスタッドレスWINTER MAX02
⇒ ファルケンESPIA W-ACE
⇒ イエローハットのアイスフロンテージ(ice frontage)

 

今回は、「ノキアンのスタッドレスタイヤ ハッカペリタR3」を調べました。

スタッドレスタイヤ購入時の参考にしてくださいなればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です