イエローハットのアイスフロンテージ(ice frontage)はどんなタイヤ?

アイスフロンテージはどんなタイヤ?

ice frontage(アイスフロンテージ)

ice frontage(アイスフロンテージ)は、イエローハットのオリジナルタイヤです。
(イエローハット専売 プライベートブランド)

2017年デビューのスタッドレスタイヤ。

日本で開発され、氷雪路の走行性能とコストパフォーマンスが特徴。

日本のタイヤメーカーが作っています(正確にはトーヨーの技術を使用)
(TOYOタイヤ トーヨータイヤ)

トレッドパターンを見ると、トーヨーのスタッドレス「ガリットG5」に似ています。

アイスフロンテージの生産国は、日本ではありません。

アイスフロンテージの特徴

コンパウンドに工夫をし、氷点下でもしなやかさがあるのが特徴

アイス路面での性能アップに技術を採用

  • ツインブロック
  • 倒れ込み抑制サイプ

 

ふらつき軽減のために、タイヤの構造を補強して、接地面の余計な動きを抑える「溝底補強」
 

アイスフロンテージの性能

アイスフロンテージは、イエローハット専売のスタッドレスタイヤ。

タイヤの技術は、トーヨタイヤの技術で、アジアンタイヤの格安タイヤよりは性能は高めです。
 

ただ、最新の技術ではないため、トータル性能は優れているとは言えません。
 
性能は、最新の技術を使用したタイヤの方が優れている可能性が高いです。

特に長期間使用しようと思う方は注意してください。
 

アイスフロンテージの価格は、ブリジストンのブリザックVRX2、ヨコハマのアイスガードIG60、ダンロップのウインターマックスWM02などと比較すると安めの設定です。

アイスフロンテージは、価格重視の方に向いています。

アイスフロンテージのサイズ

アイスフロンテージのサイズは、12〜16インチの7サイズ
 
サイズによっては完売になっていますので注意してください。
 
<タイヤサイズの例>

  • 145/80R12 80/78N
  • 155/65R13 73Q
  • 145/80R13 75Q
  • 155/65R14 75Q 参考価格 17,064円(税込)
  • 175/65R14 82Q 参考価格 21,384円(税込)
  • 165/70R14 81Q
  • 175/70R14 84Q
  • 185/70R14 88Q
  • 175/65R15 84Q
  • 185/65R15 88Q
  • 195/65R15 91Q 参考価格 28,944円(税込)
  • 205/60R16 92Q
  • 215/60R16 95Q
  • 205/65R16 95Q

 
トレッドパターンはサイズにより一部異なります。

 
いかがでしたか?
今回は、「アイスフロンテージ」を調べました。
スタッドレスタイヤ購入時の参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です