ブリヂストン ブリザックVRX2の感想・レビュー「BLIZZAK VRX2」

ブリヂストン ブリザックVRX2の口コミ情報

2016y09m27d_175552404

乗用車用スタッドレスタイヤ
「BLIZZAK VRX2」が発売されます。

2017年9月1日より全国一斉発売。

 

「ブリザック」は、
超有名なスタッドレスタイヤブランド。

1988年に作られ、現在も続いている歴史のあるブランド。

前作のブリザックVRXも評判がいいです。
今回は、VRXの新バージョンです。

VRXは、
頂点を意味する「VERTEX」の略。

 

今回発売されるのが、
BLIZZAK VRX2
(ブリザック ヴイアールエックスツー)

 

特徴・ポイント
「アクティブ発泡ゴム2」
「非対称パタン」
「Wシェイプブロック」

 

VRXとの対比、
・「氷上ブレーキ10%短縮」
・「摩耗ライフ22%向上」
・「静粛性向上(騒音エネルギー31%低減)」

 

<氷上ブレーキ>
進化した発泡ゴム「アクティブ発泡ゴム2」で氷路面でのブレーキ性能を向上
「発泡ゴム」は、ゴム内の気泡と太い水路で、
すべりの原因となる氷上の「水膜」を取り除き、除水後の氷路面で高いグリップ力を発揮。

超微細技術「ナノプロテック」を活用し、「摩擦力向上剤」を結合させることで、
従来品対比、トレッドゴムの粘りを高め、ブレーキ性能を向上。

 

<摩耗ライフ>
パタンの進化で装着初期から氷路面におけるブレーキ性能を向上。

「アクティブ発泡ゴム2」で実現した氷路面におけるグリップ力を最大限に活かすため、
「非対称パタン」を採用し、路面とゴムの接地面積を最大化。

トレッドパタンの剛性を高め、「Wシェイプブロック」を採用することでブロックの倒れこみを抑制。
「マイクロテクスチャー」という微細な凹凸をトレッド表面に施し、高い除水性能を実現。

 

<静粛性向上>
「非対称パタン」+「アクティブ発泡ゴム2」の組み合わせで静粛性と摩耗ライフも向上。
「マルチアングルグルーブ」 溝・サイプをさまざまな角度で配置し、空気の流れを分散する
「アクティブ発泡ゴム2」のミクロの気泡と水路がもつ吸音機能を組み合わせ、静粛性を向上。

ブロック剛性を高めて走行時の変形を抑制し、従来品対比摩耗ライフを22%向上。

 

ブリザックVRX2の感想・レビュー

 
VRXを履いた時も感じたが、
昔のスタッドレスのように、スタッドレスには着替えた感が少ない。

タイヤは、純正サイズを装着。
 (夏タイヤと冬タイヤは同じサイズ。)
 

昔は、スタッドレス特有のウネウネ感を感じたが、
最近のタイヤは、夏タイヤとフィーリングの変化が少ない。

これは、タイヤの剛性が上がっている証拠だろう。
 

そして、
雪道でない道路のフィーリングもいい。

ロードノイズが少なくなっていることも影響しているかも知れない。

昔のスタッドレスタイヤは、
ロードノイズが大きかった。
(現在でも、アジアンタイヤではうるさいタイヤがある)

 

カタログでは、
氷上ブレーキ性能が良くなっている。

実際、ツルツルのアイスバーンを走行していないので、
はっきりその性能を伝えることは出来ないが、
雪上でのグリップ力を考えると、アイスバーンでもブレーキ制動はよさそうだ。

降雪時の路面でも、
ハンドリングはよく、思った通りに走れている。

もちろん、
オーバースピードや急のつく動作は厳禁だが、
タイヤのグリップの限界は高い。

 
持ちに関しては、
さらに長持ちになっているということだが、
この部分は、現段階では分からない。

 
一番、感じたのは、
思ったよりタイヤが固い感じがした。

ゴムが柔らかく、フワフワした感じになるかと思ったが、
思った以上に固めだった。

これは、タイヤの剛性、
ブロックのよれが少ないためだと思う。
 

もう一度カタログを見てみると、
タイヤの作りが変化し、新しい技術が使われている。

タイヤのブロックの倒れこみ抑制など、
タイヤの剛性アップ、作りがしっかりしている。

タイヤも年々、進化が進んでいて、
どどまることを知らない。

最新の技術を使用したブリザックVRX2の
フィーリングを味わってみてはいかがでしょうか?

 
ブリザックVRX2は、プレミアムスタッドレスという位置づけで、
もともとアイスバーンでの性能は高いブリヂストンなので、
雪道を走る割合が高い方にはおすすめのタイヤです。

コメントを残す