コンチネンタルのノースコンタクトNC6はどんなタイヤ?感想は?

ノースコンタクトNC6はどんなタイヤ?

ノースコンタクトNC6は、
【continental】 コンチネンタルのスタッドレスタイヤ

ノースコンタクトNC6は、 コンチネンタルのスタッドレスタイヤのブランドの一つです。

 
ノースコンタクトNC6は、2019年デビューの新商品。
2019年8月発売

乗用車向けのスタッドレスタイヤです。

 

ノースコンタクトNC6はどんなタイヤ?

その「ブリザックDM-V2」が、新しくなり新製品として2019年に登場します。

名称は、ノースコンタクトNC6です。

 

日本向けに考えて、凍結路面を強化したコンパウンドを新開発しています。

 

ノースコンタクトNC6の特徴

ノースコンタクトNC6の3つの特徴
 

「ノルディックコンパウンド」

ノルディック・コンパウンド+を採用。

ソフトジェルを入れて、柔軟性を持たせています。

そのため、日本の凍結路面の走行性能も向上しています。

 
「左右非対称パターン」

個性的な左右非対称のパターンです。

ヤモリの足の裏をイメージして、溝やサイプがいれられています。

 
「静粛性の向上」

ブロックのサイズを変えて、タイヤが転がった際に出る音を低減させています。

 
以前のモデルよりも性能が向上しています。

 

ノースコンタクトNC6のサイズ

サイズは、15〜22インチ
日本で発売されるのは全39サイズ
 

ノースコンタクトNC6は、コンパクトカーサイズから22インチといったビッグサイズの車までラインナップされています。

 
価格はオープン価格です

 

ノースコンタクトNC6のレビュー・感想

現在、発売直後のためレビュー・感想はありません。

 
コンチネンタルと言えば、外車に乗っている方にとっては有名なタイヤです。

コンチネンタルは、ドイツに本社があり、歴史のあるタイヤメーカー。
 

欧州では純正採用も多く、安定感のあるタイヤです。

アウトバーンの走行が多い欧州での高速道路を考えられて作っています。

今回のスタッドレスに関しては、日本の凍結路面も考慮して作られているため、今までのスタッドレスよりも性能は高そうなイメージです。

トレッドパターンを見た感じでは、様々な形状のブロックがあり、氷上性能も高そうです。

 
回転方向は決まっていないタイヤパターンなのでローテーションも楽です。

 
スタッドレスタイヤの性能は試乗してみないとわからないので、機会があればレビューします。
 

スタッドレスタイヤの口コミ
⇒ ブリヂストン ブリザックVRX2の感想・レビュー
⇒ ブリヂストン・ブリザックVRXの口コミと感想
⇒ ヨコハマのスタッドレス「アイスガード6 IG60」
⇒ ヨコハマ IG50プラス
⇒ ダンロップのスタッドレスWINTER MAX02
⇒ ファルケンESPIA W-ACE
⇒ イエローハットのアイスフロンテージ(ice frontage)

 

いかがでしたか?
今回は、「コンチネンタルのスタッドレスタイヤ ノースコンタクトNC6」を調べました。
スタッドレスタイヤ購入時の参考にしてください。