マーチのヨコハマIG50+ 165/70R14最安値価格は?(ホイールセット)

「スタッドレスタイヤ選びっていつも悩むんだよね・・・」という方は多いのではないでしょうか?

冬用タイヤには種類があり、特徴、性能、金額もバラバラ。

「何を買ったらいいのかわからない・・・」という悩みに陥りがち。

「マーチに、アイスガードIG50+を購入したいけど、どうすればいいの?」

こちらの記事では、マーチにブリザックVRXのホイールセットを購入する時の疑問に答えます。

マーチ(MARCH)

%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%81

マーチは、日産のコンパクトカーです。

マーチの基本情報

グレード S
全長×全幅×全高 3825×1665×1515
ホイールベース 2450mm
車両重量 940kg
エンジン 直列3気筒DOHC
総排気量 1198cc
最大出力(エンジン) 58kW/6000rpm
最大トルク(エンジン) 106N・m/4400rpm
JC08モード燃費 21.4km/L
ガソリン レギュラー
<マーチのスタッドレスセット購入の流れ>

  • タイヤサイズを決める(純正サイズを参考)
  • スタッドレスの銘柄を選択
  • ホイールサイズを決める(純正サイズを参考)
  • ホイールセットの適合をチェック
  • ナットを選択(必要な場合)

マーチの純正ホイールサイズ

  • 型式:DBA-K13
  • 年式:2014年5月~
  • タイヤサイズ:165/70R14
  • ホイールサイズ:14×5.5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:45

 

マーチのナットサイズ

  • M12×1.25
  • 21HEX

スタッドレス購入方法

車検証

スタッドレスタイヤ購入時は、タイヤサイズ、ホイールサイズを間違えないようにしてください。
 
マーチのタイヤサイズ:165/70R14
 
ネットでの購入時には、適合車種に マーチの記載があるかをチェックしてください。
 
車の型式、年式は車検証で確認できます。

ホイールの適合は、年式、型式をチェックしてください。
 
さらに詳しい確認方法やタイヤサイズの確認方法などはこちら
⇒ ネットでスタッドレスタイヤの購入方法

マーチのインチダウン

インチダウン

インチダウンは、タイヤの外径を変えずにホイールのサイズを小さくすることを言います。

インチダウンをするとタイヤの価格を抑えることができたり、雪面への接地圧が上がるなどのメリットがあり、スタッドレスタイヤはインチダウンする方も多いです。

マーチは、純正で14インチを装着していますが、13インチのインチダウンは不可です。

純正で13インチの設定はなく、タイヤの外径が合いません。

ホイールによっては13インチも装着できますが、基本的に不可です。

マーチは、14インチ(165/70R14)のホイールセットを購入します。

スタッドレスタイヤの製造年

タイヤには製造年が記載されています。

タイヤのサイドの部分の数字が製造年(セリアル)表示です。

製造年

上記の数字の最後の2桁が製造年表示です。

最後の2桁が11なので、上記のタイヤは2011年34週目の製造です。
 

タイヤ購入時には、基本的に製造年を指定できないと思った方がいいです。

タイヤの製造は、タイヤの売れ行きやサイズによって、製造タイミングが異なります。
 

中古品は、古い製造年のため安く販売しているところもありますので、安く購入したい方は、そのような商品を狙うのもアリです。

ネット通販と店頭販売はどっちが安い?

スタッドレス

同じサイズのホイールセットを比較しましたが、確認時はネットと店頭ではネット通販の方が安かったです。

ネット通販は、価格の比較が簡単で、安いものから並べて表示可能。

最安値価格との比較も容易です。
 
店頭販売価格は、店によってバラついているので、どの店と比較するかにもよりますが、大手量販店の表示価格よりもネットの方が安かったです。

ネット購入の注意点は、到着まで時間がかかることです。

ショップによっては、到着まで1-2週間かかることもあり、急な雪マークが出た、すぐにスタッドレスが必要という場合は店頭購入する必要があります。

ホイールセットを購入するときは、セットした状態で自宅に送られてくるので、楽です。

特に、自分で脱着作業をする方は、ネット通販での購入が便利でお得です。

冬

スタッドレスタイヤはどこが安い?一番安い時期は?安く買う方法は?

2021年8月31日

ヨコハマ アイスガードIG50+の特徴

アイスガードはヨコハマタイヤのスタッドレスブランドです。

ice GUARD 5 PLUSの発売日は2015年8月

「スーパー吸水ゴム」の採用で氷上制動をアップさせたタイヤです。

旧モデルのアイスガードiG50より大きく向上しました。

燃費向上も考慮したスタッドレスタイヤです。

IG50+の詳細はこちら

冬タイヤ

ヨコハマ IG50プラスの口コミと装着した感想(スタッドレスタイヤ)

2016年10月5日

マーチのアイスガードIG50+の最安値価格

スタッドレスタイヤとホイールセット価格
・アイスガード5プラス IG50プラス 165/70R14
・14インチホイール

※2018年9月22日の価格比較です。
いずれも送料込み。
 
楽天
41600円

アマゾン
62700円

ヤフーショッピング
41600円

 
マーチのアイスガードIG50とホイールセット価格は、「楽天・ヤフーショッピング」が安かったです。

売り切れなどで、現在は価格が変わっている場合があります。
 

楽天
 

<楽天での購入のメリット>
・価格の安い物があります。
・ポイントがたまります。
・楽天スーパーセールやポイントアップ期間があります。

上手く活用すると、安く購入できます。

※送料込みと送料別があるので注意してください。
 
現在の「楽天価格」はこちら
⇒ IG50+ 165/70R14 マーチ ホイールセット最安値価格

 

ヤフーショッピング

 
<ヤフーショッピングでの購入のメリット>
・価格の安い商品もあります。
・ポイントがたまります。
・5のつく日キャンペーン(毎月5日、15日、25日)があります。

上手く活用すると、安く購入できます。

※送料込みと送料別があるので注意してください。
 
現在の「ヤフーショッピング価格」はこちら
⇒ IG50+ 165/70R14 マーチ ホイールセット最安値価格

他のメーカーのタイヤの価格

■ ブリヂストン(BS)
日本の有名メーカーのブリヂストン。

ブリヂストンのスタッドレスがブリザックです。

ブリザックVRX3
⇒ マーチのブリザックVRX3 165/70R14最安値価格

ブリザックVRX2
⇒ マーチのブリザックVRX2 165/70R14最安値価格

ブリザックVRX
⇒ マーチのブリザックVRX165/70R14最安値価格

 
■ ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)

日本のタイヤメーカーの横浜ゴムです。

ヨコハマのスタッドレスがアイスガードシリーズです。

アイスガード7 IG70
⇒ マーチのヨコハマIG70 165/70R14最安値価格

アイスガード6 IG60
⇒ マーチのヨコハマIG60 165/70R14最安値価格
 

■ ダンロップ(DUNLOP)

ダンロップは住友ゴムです。

ダンロップのスタッドレスがウインターマックスシリーズです。

ウインターマックス02 WM02
⇒ マーチのダンロップ(WM02)165/70R14最安値価格

ウインターマックス03 WM0
⇒ マーチのダンロップ(WM03)165/70R14最安値価格
 

■ トーヨー(TOYO)

トーヨータイヤは日本のメーカーです。

OBSERVE GARIT GIZ(ガリットGIZ)
⇒ マーチのトーヨー ガリットGIZ 165/70R14 最安値価格
 

■ ミシュラン(MICHELIN)

ミシュランは、フランスのタイヤメーカーで世界的にも有名です。

ミシュランのスタッドレスがX-ICEです。

X-ICE XI3
マーチのミシュラン X-ICE XI3 165/70R14最安値価格
 

■ 輸入スタッドレスタイヤ

日本のメーカー以外に海外メーカーのスタッドレスもあります。

アジアンタイヤと呼ばれるアジアで作られたタイヤは安めの価格設定です。

マーチの輸入スタッドレスホイールセット 165/70R14最安値価格
 

スタッドレスタイヤ選びは悩みますが、使用条件、タイヤ性能、価格を考えてトータルで判断してください。

 
いかがでしたか?
今回は、「マーチのヨコハマ IG50+ 165/70R14 ホイールセット」の最安値価格を調べました。
スタッドレスタイヤ購入時の参考になればと思います。

雪道の運転は十分注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。