初めてでも大丈夫!スタッドレスのホイールセットを通販で買う方法。

スタッドレスタイヤはネットで買うのは難しそうで不安

そんなふうに思いませんか?

タイヤサイズ・グレード・装着できるかどうかわからない・・・

いろいろな心配があるかもしれませんが心配無用。

ここでは、ネット通販でスタッドレスタイヤを購入する方法を紹介します

ネットで購入する方法は?

スタッドレス購入

ネットでスタッドレス購入するのは簡単で、メリットが数多くあります。

  • 購入に行く手間が省ける
  • 価格の比較ができる。
  • 好きな商品をゆっくり選べる
  • もって帰らなくていい(自宅に届く)

 
ネット購入の一番の魅力は、価格が安いこと。

インターネットで価格が安いところ探して、簡単に価格比較ができます。

梱包

ネット通販では、「店頭に行かなくていい」・「持ち帰りしなくていい」・「価格比較が簡単にできる」と3つの大きなメリットがあります。
 

でも、「どのサイズが装着できるか分からない?」どれを買えばいいのか分からないから不安ということがあるかもしれません。

そんな方のために、ネット通販でのスタッドレスタイヤ購入時のポイントを解説します。

実際に楽天でスタッドレスタイヤのホイールセットを購入してみました。

ホイールセットの購入方法

まず、ホイールセットの購入時には、自分のクルマの「車種」「型式」「年式」「グレード」「タイヤサイズ」のデータが必要です。

車検証に車のデータが記載されていますので、車検証を確認してください。

まず重要なのが、車種・型式・年式です。

「型式」「年式」は、車検証を見る場合、こちらに書かれています。

・初年度登録が年式です。
(交付年月日は関係ありません)
・型式と書かれている部分が車両型式です。

車検証は、軽自動車と普通自動車では、若干、書き方が異なっていますが、基本的には同じです。

車種、型式、年式が分かると、ある程度装着できるタイヤ・ホイールサイズが分かります。

タイヤサイズ

タイヤサイズは、クルマのタイヤの側面に記載されています。

また、ドアなどにタイヤサイズのラベルが表示されています。

タイヤサイズは、タイヤ側面に記載されいています。

タイヤ側面に書かれている数字がサイズです。

例:155/65R14

この場合は14インチのタイヤです。R14が14インチという意味になります。

155はタイヤ幅
65は扁平率

75Sは、荷重指数と速度記号です。
(ここは選ぶタイヤサイズにより変わるので155/65R14の部分が重要です。)

 
ドアの表示ラベルの場合

上記の表示は、2パターンのタイヤがあります。
・145/80R13
・155/65R14

ドアの表示は、グレード、オプションでサイズが複数ある場合があります。

基本的には、現在の車のタイヤサイズを確認するのがいいです。

スタッドレスタイヤ購入では、純正のサイズのホイールセットを購入することが多いので、純正のタイヤサイズは重要です。

ホイールサイズ

ホイールサイズは、少し専門的にはなりますが、難しく考える必要はありません。

車種・型式・年式が分かれば、ある程度絞られます。

ホイールに関しては以下のような数字になります。

  • 型式:DAA-ZVW30
  • 年式:2009年5月~
  • タイヤサイズ:195/65R15
  • ホイールサイズ:15×6J
  • ホール数:5穴
  • PCD:100
  • インセット:45

 
※当サイトでもこのような感じで表記しています。
 
それぞれの数字も紹介していきます。

ホイール幅

15×6J

この場合は、15インチでホイール幅が6Jということになります。

1Jは、25.4mm

純正と同じサイズを選べば問題ありません。

ネット通販では、適合車種が書かれていることが多いので適合車種に含まれているホイールを選びます。

ぴったり同じでなくても装着できますので、適合車種表示を参考にするといいです。

(例:純正が5.5Jでも6Jのホイールを装着できることがあります。)

ホール数

ホール数はホイールの穴の数です。

ホール数は基本、4/5/6穴のどれかです。

軽自動車は、ほぼ4穴です。

車のナットの数を確認してください。

  • 4つの場合:4穴、4H
  • 5つの場合:5穴、5H
  • 6つの場合:6穴、6H

 
この数字は必ず同じでなければ装着できません。

※ 4穴の車は4穴のホイールになり、ホール数とPCDは必ず一致させる必要があります。

PCD

PCDに関しては主に3パターンあります。

PCD:100/114.3/139.7

ホイール中心部のナットの幅です。

画像はPCD:100で、ナットの間の距離を測ると100mmあります。

PCDとホール数は必ず一致させる必要があります。この数値があっていないと装着できません。

インセット

インセットはクルマによって違います。

インセットは、オフセットともいいます。

インセットは、ホイールの裏側などに小さく書かれていることがありますが、クルマにより決まっています。

ホイールの幅を純正と同じにして、インセットの数字と同じか、近いホイールを選べば装着できる可能性が高いです。

この数字選びを間違えると、タイヤがはみ出したり、干渉する場合がありますので注意してください。

はみ出し、干渉と聞くと「あー難しい」と感じるかもしれませんが、ネット購入ならサイトページに適合車種が書かれているので、そこに自分の車があるかを見ればわかるので、難しく考えなくていいです。

当サイトでは、車種データーとセット価格をまとめていますので、活用していただければと思います。

ホイールナット選び

最後に忘れてはいけないのが、ナットです。

クルマによりナットが必要になります。

社外品ホイールは、純正ナットが使用できない場合があります。

基本的に、トヨタ車で純正ホイールを履いている車やホンダ車は、「社外品ナット」が必要になります。

トヨタ・ホンダ純正ホイールを装着している方は忘れずにナットも購入してください。
 

ナットにもサイズがあり、おもに4パターンです。

  • HEX21/M12×1.5 (トヨタ・ミツビシ・ダイハツ・マツダ)
  • HEX19/M12×1.5 (ホンダ)
  • HEX21/M12×1.25 (日産)
  • HEX19/M12×1.25 (スバル・スズキ)

 
ナットはメーカーごとにある程度決まっていますので、メーカーを確認して選んでください。

ただし、一部OEMの車があります、その車は注意が必要です。
例:トヨタ86とスバルBRZ  スズキ「MRワゴン」と日産「モコ」など

【ホイールナットの選び方】
⇒ トヨタ車
⇒ 日産車
⇒ ホンダ車
⇒ 三菱車
⇒ スズキ車
⇒ スバル車
 
ホイールナットのサイズはメーカーによって異なるので注意してください。

購入の流れ

通販

ネット通販での購入は車種名、タイヤサイズを元に絞っていくのがいいです。

車種、型式、サイズを入力して、購入したいタイヤメーカーのスタッドレスセットを選択していきます。

スタッドレスのメーカーはいくつかありますので、性能、使用条件、価格などトータルで判断するのがいいです。
 
ブランドネーム、性能でみるとブリヂストン製品の人気は高いので、迷った方はブリヂストンのブリザックシリーズを選ぶのも一つの手です。
ブリザックVRX2の感想
 

最近はネット通販でも、購入時にフォームなどの記載を行い、車検証のデーターを使用して、取り付けの適合確認をしてくれるところが多いです。

そのため、購入が簡単に行え、スタッドレスタイヤのネット購入のハードルも下がっています。
 

<スタッドレス購入の流れ>

  • タイヤサイズを決める(純正サイズを参考)
  • スタッドレスの銘柄を選択
  • ホイールサイズを決める(純正サイズを参考)
  • ホイールセットの適合をチェック
  • ナットを選択(必要な場合)
 
購入できるセットは、車種、型式、年式、タイヤサイズである程度判断できます。

軽自動車に関しては、多くの車で共有できるホイールセットが多いです。

基本的には、現在装着しているサイズと同じサイズで購入するのがいいです。

車によってはインチダウンできるものもありますが、マッチングの確認が必要になる場合もあるので注意してください。

ネットでの購入は、車種が分かれば、ある程度絞られますので、車種、年式、型式をもとに調べてみてみてください。

当サイトでは、車種ごとの情報を掲載していますので、参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です