【タントの14インチ】格安アジアンスタッドレスタイヤのメーカーと価格

タントのスタッドレスタイヤを安く買いたい。

タイヤ・ホイールはサイズの種類があり、どれを購入していいか分からない。

どこで購入するのが一番安いのか?

ダイハツ・タントの14インチのアジアンスタッドレスタイヤのホイールセット購入時の疑問に答えます。

タント

<タントの種類>

  • 初代「Tanto」(L350S/L360S型 2003年-2007年)
  • 2代目「TANTO」(L375S/L385S型 2007年-2013年)
  • 3代目「TanTo」(LA600S/LA610S型 2013年-2019年)
  • 4代目「Tanto」(LA650S/LA660S型 2019年 – )

 
ここでは、4代目タント「Tanto」(LA650S/LA660S型 2019年 – )について書いています。
 

タントは、NA車とターボ車の2タイプ設定
・タント:Xターボ/X/L
・タントカスタム:RS/X/Lの3グレード

 

グレード
全長×全幅×全高 3395×1475×1755
ホイールベース 2460mm
車両重量 880kg
エンジン 直列3気筒DOHC12バルブ
総排気量 658cc
最大出力(エンジン) 38kw/6900rpm
最大トルク(エンジン) 60N・m/3600rpm
JC08モード燃費 27.2km/L
ガソリン レギュラー

新型タントの純正タイヤ・ホイールサイズ

純正で14インチを装着しています。

14インチ

  • 型式:LA650S
  • 年式:2019年7月~
  • タイヤサイズ:155/65R14
  • ホイールサイズ:14×4.5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:45

 
14インチ車は、スタッドレスタイヤも14インチを選ぶのがいいです。
 

新型タントのナットサイズ

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

 
ダイハツ車のナットの詳細はこちらの記事

ダイハツ車

【ダイハツ車のナットの選び方】形状は?サイズは?ショートタイプがいい?

2021年7月21日

タントのアジアンスタッドレス

雪道のスタッドレスタイヤ

タイヤにはいろいろな種類があり、国内メーカーから海外メーカー、低価格のアジアンタイヤなどがあります。

アジアンタイヤはアジアのメーカーのタイヤを指します。

価格が安めで、輸入タイヤ(アジアンタイヤ)の注目度が上がっています。

アジアンタイヤには以下のようなスタッドレスがあります。

  • NANKANG ESSN-1
  • NANKANG AW-1
  • ハンコックタイヤ ウィンターicept IZ2A W626
  • KENDA(ケンダ) ICETEC NEO KR36

ここでは、それぞれのアジアンタイヤのスタッドレスの特徴を紹介します。

NANKANG(ナンカン)

NANKANG(ナンカン)は、台湾のタイヤメーカーです。価格も安めで人気のアジアンタイヤです。

  • NANKANG ESSN-1
  • NANKANG AW-1

 
NANKANG ESSN-1は、左右非対称デザイン

タイヤのIN側とOUT側を変えて、直進安定性とコーナーリング性能をアップさせています。
 

NANKANG AW-1は、ESSN-1の後継品です。

AW-1は国内ではオートウェイだけの専売品です。

AW-1は左右非対称パターンで、新しいデザインでESSN-1とは異なっています。

Hankook(ハンコック)

ハンコック(Hankook)は、韓国のタイヤメーカーです。ハンコックのタイヤは純正で装着されることもあります。

ハンコックのスタッドレスタイヤ:Winter i*cept IZ (W606)
 
高グリップのシリカコンパウンド。

ウェット路面のトラクションを向上し、転がり抵抗も低減しています。

KUMHO(クムホ)

クムホタイヤは、韓国のタイヤメーカーです。

クムホのスタッドレスタイヤ:WinterCRAFT ice wi61 (ウィンタークラフト アイス Wi61)

非対称パターンです。

スポイト型サイプで水膜を吸収し、氷上性能も向上しています。

KENDA(ケンダ)

KENDA(ケンダ)は、台湾のタイヤメーカーです。

ケンダのスタッドレスタイヤ:ICETEC NEO KR36(アイステック ネオ ケーアールサンロク)
 
KR36は、2014年に発売されました。

非対称デザインで内側と外側のパターンが異なっています。

タイヤ剛性を高めたブロックのデザインです。

 
アジアンタイヤ以外にも、旧タイプの商品や製造年数が経っているものも安めです。
 
スタッドレスに関しては、シーズン前の早期購入が、旧品などもあり、安く買えることがありますので早期購入がいいです。

スタッドレスタイヤの製造年の確認方法

タイヤには製造年が記載されています。

タイヤのサイドの部分の数字が製造年(セリアル)表示です。

製造年

上記の数字の最後の2桁が製造年表示です。

最後の2桁が11なので、上記のタイヤは2011年34週目の製造です。
 
タイヤ購入時には、基本的に製造年を指定できないと思った方がいいです。
 
タイヤの製造は、タイヤの売れ行きやサイズによって、製造タイミングが異なり、一番新しいタイヤを購入するのは難しいです。
 
通常は、製造年が1~2年前のタイヤが多く、需要の少ないサイズは古かったり、欠品してしまうこともあります。

新製品のタイヤなら、製造年は新しいです。

また、在庫品で製造年を記載して販売しているものもあります。

古い製造年のため安く販売しているところもありますので、安く購入したい方は、そのような商品を狙うのもアリです。

シーズンになると欠品なども発生するので、余裕をもって早めの購入がいいです。

タント用スタッドレスセット最安値価格比較

最安値はアジアンタイヤではなく、旧品の国内メーカーのスタッドレスでした。

売り切れなどで、現在は価格が変わっている場合があります。
 
※2020年12月の価格比較です。(参考価格)
 

楽天の価格

25,500円(送料込み)
 

現在の「楽天価格」はこちら
⇒ タント LA650 スタッドレス 155/65R14 ホイールセット

アマゾンの価格

¥34,848 (送料込み)
 

現在の「Amaon価格」はこちら
⇒ タント LA650 スタッドレス 155/65R14 ホイールセット

ヤフーショッピングの価格

25,500円(送料込み)
 

現在の「ヤフーショッピング価格」はこちら
⇒ タント LA650 スタッドレス 155/65R14 ホイールセット

メーカーごとのスタッドレス価格

ブリヂストン(BS)
⇒ 新型タント用ブリザックVRX 155/65R14の最安値価格

ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)
⇒ 新型タントのヨコハマIG50+ 155/65R14の最安値価格

ダンロップ(DUNLOP)
⇒ 新型タントのダンロップWM02 155/65R14の最安値価格
⇒ 新型タントのダンロップWM03 155/65R14の最安値価格
 
スタッドレスタイヤ選びは悩みますが、使用条件、タイヤ性能、価格を考えてトータルで判断してください。
 
売り切れなどで、現在は価格が変わっている場合があります。

 
今回は、「タントのアジアンタイヤのスタッドレス 155/65R14」の最安値価格を調べました。
スタッドレスタイヤ購入時の参考にしてください。