トールのヨコハマIG60 165/65R14最安値価格は?

YOKOHAMA ヨコハマ
アイスガード6 シックス IG60
165/65R14

ダイハツ トール

トール

開発製造の主体はダイハツが行い、ルーミー、タンク、ジャスティはトールのOEM車です。

基本構造は同じです。
タイササイズも「タンク」「ルーミー」「ジャスティ」は同じです。

トールのラインアップは、
「X」、「X SAII」、「G」、「G SAII」、「Gターボ SAII」
「カスタムG」、「カスタムG SAII」、「カスタムG ターボ SAII」
 

グレード カスタムGターボSAⅡ
全長×全幅×全高 3725×1670×1735
ホイールベース 2490mm
車両重量 1100kg
エンジン 直3DOHCターボ
総排気量 996cc
最大出力 72ps/6000rpm
最大トルク 14.3kg-m/4400rpm
ガソリン レギュラー

 

トールのタイヤサイズ

  • 型式:DBA-M900F
  • 年式:2016年11月~
  • タイヤサイズ:165/65R14
  • ホイールサイズ:14×5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:35

※ カスタムGターボ SAⅡ:175/55R15
※ 14インチ車:165/65R14

ダイハツ トールのナットサイズ

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

トヨタのナットに関してはこちら
⇒ トヨタ車用のホイールナットの選び方

スタッドレスタイヤの製造年

タイヤには製造年が記載されています。

タイヤのサイドの部分の数字が製造年(セリアル)表示です。

製造年

上記の数字の最後の2桁が製造年表示です。

最後の2桁が11なので、上記のタイヤは2011年34週目の製造です。
 

タイヤ購入時には、基本的に製造年を指定できないと思った方がいいです。

タイヤの製造は、タイヤの売れ行きやサイズによって、製造タイミングが異なります。
 
そのため、一番新しいタイヤを購入するのは難しいです。
 
通常は、製造年が1~2年前のタイヤが多いです。

新製品のタイヤなら、製造年は新しいです。

特に、需要の少ないサイズは古かったり、欠品してしまうこともあります。
 
また、在庫品で製造年を記載して販売しているものもあります。

逆に、古い製造年のため安く販売しているところもありますので、安く購入したい方は、そのような商品を狙うのもアリです。

トール用スタッドレスセット最安値価格

スタッドレスタイヤとホイールセット価格
・アイスガード6 シックス IG60 165/65R14
・14インチホイール
 

アイスガード6 IG60は2017年の新製品。

2017年9月1日 発売
トールのサイズ設定もあります。

165/65R14
オープン価格

 
※2020年12月の価格比較です。(参考価格)

楽天

52,600円(送料込み)

アマゾン

なし(送料込み)

ヤフーショッピング

52,600円(送料込み)

 
トール用の最安値価格は「楽天・ヤフーショッピング」でした。

売り切れなどで、現在は価格が変わっている場合があります。
 

楽天市場

現在の「楽天価格」はこちら
⇒ IG60 165/65r14 トール ホイールセット
 

Amazon

現在の「アマゾン価格」はこちら
IG60 165/65r14 トール ホイールセット

ヤフーショッピング

現在の「ヤフーショップ価格」はこちら
⇒ IG60 165/65r14 トール ホイールセット

 

その他のタイヤメーカー

TUNK(タンク)の14インチスタッドレスタイヤ価格比較

 
スタッドレスタイヤ選びは悩みますが、使用条件、タイヤ性能、価格を考えてトータルで判断してください。
 

いかがでしたか?
今回は、「トールのアイスガード6 IG60 165/65R14」」の最安値価格を調べました。
スタッドレスタイヤ購入時の参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です