Winter TRANPATH TXの特徴や感想は?メリットとデメリット

トーヨーのスタッドレスタイヤには、ハイト系向けの製品があります。

そのタイヤは、Winter TRANPATH TXです。

  • Winter TRANPATH TXはどんなタイヤなの?
  • メリットやデメリットは?
  • Winter TRANPATH TXを装着した感想は?

ここでは、トーヨーのWinter TRANPATH TX(ウィンター トランパス ティーエックス)をチェックしてみました。

Winter TRANPATH TX

Winter TRANPATH TXは、トーヨータイヤ(東洋ゴム工業)のスタッドレスタイヤです。

「ウィンタートランパスTX」は、2017年8月に販売が開始されました。

ウィンタートランパスTXは、背の高いミニバンやSUVなどのハイト系車両向けに設計されたスタッドレスタイヤです。

背の高いミニバンやSUV車が抱えるふらつきを軽減し、アイス上での優れた性能と走行安定性を同時に提供。

キャッチコピーは、アイス・スノー・シャーベットすべてに効く!

ふらつきを抑えた安定感のある走りと、進化したアイス性能をそなえた、ハイト系専用のスタッドレスタイヤです。

Winter TRANPATH TXの特徴

ウィンタートランパスTXは、革新的なテクノロジーを採用し、その中でも「NEO吸着ナノゲルゴム」「3Dダブルウェーブグリップサイプ」「鬼クルミ」が特徴です。

アイス制動性能を同社従来品比12%短縮し、アイス性能が向上をしています。

ウィンタートランパスTXの大きな特徴は、ハイト系の車両に最適化されていること。

※ハイト系車両は、背が高いミニバンやSUVなどを指します。

ウィンタートランパスTXは、これらの車両向けに特別に設計され、天井の高さや車体の特性に合わせています。
 
SUV/CCV専用にサイプデザインを設計しています。

  • SUV:一般的にオフロード走破性が高く、一般道でも使える自動車。
  • CCV:クロスカントリー車

 
ウィンタートランパスTXは、「ハイト系車両向けのタイヤ」として、冬季の高いパフォーマンスと信頼性を提供するスタッドレスタイヤです。

Winter TRANPATH TXのメリット

Winter TRANPATH TXのメリットは、ミニバンやSUVの背の高い車に合わせて作られていること。

背が高いミニバンやSUVなどに合わせてチューンされているため、ふらつきに強く、背の高い車でも安定感があります。
 
背が高い車は、ふらつきを感じることがありますが、ふらつきを抑えるタイヤの作りをしています。

Winter TRANPATH TXの走行性能は高く、乗り心地も良いのがメリットです。

Winter TRANPATH TXのデメリット

Winter TRANPATH TXのデメリットは、ミニバン、SUV車向けのタイヤのため装着できる車が制限されます。

タイヤサイズもミニバン、SUV車のみのサイズです。

タイヤサイズの設定があるかどうかの確認を行い、購入前に確認してください。

Winter TRANPATH TXのサイズ

Winter TRANPATH TXのサイズは、14インチから19インチまであります。
 
ハイト系の車に乗っていて、サイズ設定がある場合は購入を検討してみるといいです。
 
ハイト系と言っても、基準が曖昧で背が高い車、SUV系に装着出来そうです。

一般的には軽自動車の背が高い車をハイト系と呼ぶことが多いです。
 

タイヤサイズ設定を見ると、以下のような車種があります。

 
記載したのは一部車種で、他にも対応車種は数多くあります。

口コミや装着例

トーヨータイヤのWinter TRANPATH TXを装着している方を時々、見かけます。

ハイトワゴンだけど、スタッドレスなのにハンドリングが良いという口コミもありました。

安全のために早めの交換をする方もいます。

スタッドレスタイヤの寿命の目安は3年です。

Winter TRANPATH TXを価格重視で購入する方もいます。

国内メーカーのスタッドレスの中でも安めの価格です。

価格重視の方にいいかもしれません。

Winter TRANPATH TXの感想は?

Winter TRANPATH TXは、バランスのいいスタッドレスタイヤです。

アイス、スノー、ウェット、ドライ、持ちなど全体的にまとまっていて評価は高め。

旧品よりもアイスブレーキ性能が12%アップし、氷上性能が向上し、ふらつきも抑えられているのが特徴です。

タイヤのノイズは、静かなタイヤと比較すると少し感じるかもしれませんが、全体的な性能は高めです。
 

Winter TRANPATH TXの価格は、他の国内メーカーのスタッドレスタイヤと比べても安めです。

性能と価格のバランスは良いので、バリバリの降雪地域ではない方にオススメ。
 

タイヤの持ちに関しては、少し不安がありますが、3年ほどのサイクルで交換していくと良さそうです。
 

Winter TRANPATH TXは、タイヤのローテーションマーク(指定回転方向)はないので、ローテンションしやすいのも特徴。

背が高い車は、タイヤが減りやすいので、減りに応じてローテンションしていくといいです。

右用左用の設定はないので、状況に応じて装着位置を変えることができます。

トーヨータイヤ WINTER TRANPATH TX 195/65R15 91Q 4本セット

トーヨータイヤ WINTER TRANPATH TX 195/65R15 91Q 4本セット

51,480円(05/29 21:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ

ウインタートランパスTXは、2017年8月に販売されたトーヨータイヤのスタッドレスタイヤです。

背の高いミニバンやSUV車両特有のふらつきを抑え、アイス性能と走行安定性を両立したハイト系車両専用スタッドレスタイヤ。

Winter TRANPATH TXは、「ハイト系車両向けのタイヤ」です。

背の高い車に合わせて作られ、性能の評価もいいので、ミニバン、SUVを乗っている方におすすめのタイヤです。
 
その他のトーヨーのスタッドレスはこちら
オブザーブGSi-6はどんなタイヤなの?感想は?

OBSERVE GIZ2の感想や注意点

 
今回は、「Winter TRANPATH TX(ウィンタートランパスTX)」を調べました。

トーヨーのスタッドレスタイヤ「Winter TRANPATH TX」を購入する時の参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です