イグニス用スタッドレスタイヤの最安値価格比較(ホイールセット)

イグニスのスタッドレスタイヤを安く買いたい。

タイヤ・ホイールはサイズの種類があり、どれを購入していいか分からない。

どこで購入するのが一番安いのか?

イグニスの15インチのスタッドレスタイヤのホイールセット購入時の疑問に答えます。

スズキ  イグニス(IGNIS)

%e3%82%a4%e3%82%b0%e3%83%8b%e3%82%b9

<ボディタイプ>
5ドアクロスオーバーSUV

<搭載エンジン>
1.2L直4DOHC16V+モーター

<変速機>
CVT

<駆動方式>
・前輪駆動 FF
・四輪駆動 4WD
 

<イグニスのスタッドレス購入の流れ>

  • タイヤサイズを決める(純正サイズを参考)
  • ホイールサイズを決める(純正サイズを参考)
  • スタッドレスの銘柄を選択
  • ホイールセットの適合をチェックし購入

イグニスのタイヤサイズ

車のタイヤ・ホイールスタッドレスを購入するには、タイヤサイズを知る必要があります。

ハイブリッド MG

  • 型式:DBA-FF21S
  • 年式:2016年2月~
  • タイヤサイズ:175/65R15
  • ホイールサイズ:15×5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:40

 
ハイブリッド MX、MZは16インチです。

  • 型式:DBA-FF21S
  • 年式:2016年2月~
  • タイヤサイズ:175/60R16
  • ホイールサイズ:16×5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:40

イグニスのナットサイズ

ナット

ホイールと車両をとめるナットのサイズです。

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.25
  • 19HEX(19ミリ)

4穴のホイールなので、一つのホイールに4個使用。

1台分では4×4=16で16個のナットが使われます。

スタッドレス購入の注意点

スタッドレスタイヤ購入時は、タイヤサイズ、ホイールサイズを間違えないようにしてください。
 
<イグニスのタイヤサイズ>
175/60R16
 
インチダウンは175/65R15。
 
ネットでの購入時には、適合車種にイグニスの記載があるかをチェックしてください。
 
車の型式、年式は車検証で確認できます。

車検証

ホイールの適合は、年式、型式をチェックしてください。
 
さらに詳しい確認方法やタイヤサイズの確認方法などはこちら
⇒ ネットでスタッドレスタイヤの購入方法
 

<イグニスのホイール選び>

イグニスの純正サイズは5Jですが、社外品の5.5Jのホイールで、インセット43あたりでも問題ないです。

逆に15インチの5Jのホイールは少ないです。
(16インチの5Jはもっとありません)

今回は、インチダウンサイズの175/65R15のスタッドレスセットの価格になります。
 

イグニスのスタッドレスの選び方

雪道

タイヤにはいろいろな種類があり、国内メーカーから海外メーカー、低価格のアジアンタイヤなどがあります。
 
スタッドレスタイヤ選びで迷うのは、「どのメーカーのタイヤを購入するのか?」という部分。
 

品質、性能を考えると、国内メーカーがオススメですが、使用用途や地域、価格とのバランスを考えるのがいいです。
 
特に、冬場の走行が多い方や降雪地域の方、雪道の運転に自信がない方は、日本のメーカーがいいです。
 

有名国内メーカーは、以下のようなメーカーがあります。

  • ブリヂストン(BS)
  • ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)
  • ダンロップ(DUNLOP)
  • トーヨー(TOYO)

 
そのメーカーの中でも、いくつかのタイヤのパターンがありますので、価格、性能を考慮して選ぶのもいいです。
 

価格だけで見ると、輸入タイヤ(アジアンタイヤ)が安めです。

他には、旧タイプの商品や製造年数が経っているものも安めです。

 
ただ、このようなタイヤは、バリバリ雪道を走ったり、アイスバーンが多い降雪地域の方には、あまりおすすめではありません。

極端に安いタイヤは、ゴムの柔軟性がなく硬いものもあり、年数を乗るのは難しいです。

スタッドレスタイヤは、ゴムの硬度が重要なので、ゴムの硬さも重要になります。

 
スタッドレスは価格だけではなく、性能と価格とのバランスを考えて選ぶのがいいです。
 

スタッドレスに関しては、シーズン前の早期購入が、旧品などもあり、安く買えることがありますので早期購入がいいです。

シーズンになると欠品なども発生するので注意してください。
 

スタッドレスタイヤの製造年

タイヤには製造年が記載されています。

タイヤのサイドの部分の数字が製造年(セリアル)表示です。

製造年

上記の数字の最後の2桁が製造年表示です。

最後の2桁が11なので、上記のタイヤは2011年34週目の製造です。
 

タイヤ購入時には、基本的に製造年を指定できないと思った方がいいです。

タイヤの製造は、タイヤの売れ行きやサイズによって、製造タイミングが異なります。
 
そのため、一番新しいタイヤを購入するのは難しいです。
 
通常は、製造年が1~2年前のタイヤが多いです。

新製品のタイヤなら、製造年は新しいです。

特に、需要の少ないサイズは古かったり、欠品してしまうこともあります。
 
また、在庫品で製造年を記載して販売しているものもあります。

逆に、古い製造年のため安く販売しているところもありますので、安く購入したい方は、そのような商品を狙うのもアリです。

イグニス用スタッドレスセット最安値価格比較

通販

ブリヂストン(BS)

ブリザックVRX2
⇒ イグニスのブリザックVRX2 175/65R15最安値価格

ブリザックVRX
⇒ イグニスのブリザックVRX 175/65R15最安値価格

 

ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)

アイスガード6 IG60
⇒ イグニスのアイスガード6 IG60 175/65R15最安値価格

アイスガード5プラス
⇒ イグニスのアイスガードIG50+ 175/65R15最安値価格

 

ダンロップ(DUNLOP)

ウインターマックス02
⇒ イグニスのダンロップWM02 175/65R15最安値価格

 

FALKEN (ファルケン)

ESPIA W-ACE(エスピア ダブルエース)
⇒ イグニスのファルケン エスペリアW-ACE 175/65R15最安値価格

 

トーヨ(TOYO)

ガリットGIZ
⇒ イグニスのガリットGIZ 175/65R15最安値価格

 

GOODYEAR (グッドイヤー)

ICE NAVI7 (アイスナビ7)
⇒ イグニスのグッドイヤー アイスナビ7175/65R15の最安値価格

 

価格順で見ると一番安かったのは、ヨコハマ アイスガード5プラス でした。
⇒ イグニスのアイスガードIG50+ 175/65R15最安値価格は?

※2018年1月11日の価格比較です。
(参考価格)

売り切れなどで、現在は価格が変わっている場合があります。

ネットショップでは、ポイントアップキャンペーンなども行っていますので、購入時は、ポイントも考慮するといいかも知れません。

 

イグニスの16インチ(175/60R16)スタッドレス価格はこちら
⇒ イグニス用16インチスタッドレスタイヤの最安値価格比較(ホイールセット)
 

いかがでしたか?
今回は、「イグニスのスタッドレスタイヤの175/65R15の価格」を紹介しました。
スタッドレスタイヤ購入時の参考にしてみてください。