ヴィッツのヨコハマ旧品IG50+ 165/70R14の最安値価格は?

ヴィッツのスタッドレスタイヤを安く買いたい。

タイヤ・ホイールはサイズの種類があり、どれを購入していいか分からない。

どこで購入するのが一番安いのか?

トヨタ・ヴィッツの14インチのスタッドレスのホイールセット購入時の疑問に答えます。

トヨタ ヴィッツ(VITZ)

vitz
<ヴィッツのスタッドレス購入の流れ>

  • タイヤサイズを決める(純正サイズを参考)
  • スタッドレスの銘柄を選択
  • ホイールサイズを決める(純正サイズを参考)
  • ホイールセットの適合をチェックし購入
  • ナットを選択

ヴィッツのナットサイズ

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

社外品ホイール装着の際はナットが必要です。
トヨタ車用のホイールナットの選び方

スタッドレスタイヤの製造年

タイヤには製造年が記載され、サイドの部分の数字が製造年(セリアル)表示です。

製造年

上記の数字の最後の2桁が製造年表示です。

最後の2桁が11なので、上記のタイヤは2011年34週目の製造です。
 
新しいタイヤが欲しいと思っても、タイヤ購入時には、基本的に製造年を指定できないと思った方がいいです。
 
タイヤの製造は、タイヤの売れ行きやサイズによって、製造タイミングが異なり、一番新しいタイヤを購入するのは難しいです。
 
通常は、製造年が1~2年前のタイヤが多く、需要の少ないサイズは古かったり、欠品してしまうこともあります。

新製品のタイヤなら、製造年は新しいです。

また、在庫品で製造年を記載して販売して、安く販売しているところもありますので、安く購入したい方は、そのような商品を狙うのもアリです。

ネット通販と店頭販売はどっちが安い?

スタッドレス

同じサイズのホイールセットを比較しましたが、確認時はネットと店頭ではネット通販の方が安かったです。

ネット通販は、価格の比較が簡単で、安いものから並べて表示可能。

最安値価格との比較も容易です。
 
店頭販売価格は、店によってバラついているので、どの店と比較するかにもよりますが、大手量販店の表示価格よりもネットの方が安かったです。

ネット購入の注意点は、到着まで時間がかかることです。

ショップによっては、到着まで1-2週間かかることもあり、急な雪マークが出た、すぐにスタッドレスが必要という場合は店頭購入する必要があります。

ホイールセットを購入するときは、セットした状態で自宅に送られてくるので、楽です。

特に、自分で脱着作業をする方は、ネット通販での購入が便利でお得です。

ヨコハマ アイスガードIG50+の特徴

アイスガードはヨコハマタイヤのスタッドレスブランドです。

ice GUARD 5 PLUSの発売日は2015年8月

「スーパー吸水ゴム」の採用で氷上制動をアップさせたタイヤです。

旧モデルのアイスガードiG50より大きく向上しました。

燃費向上も考慮したスタッドレスタイヤです。

IG50+の詳細はこちら

冬タイヤ

ヨコハマ IG50プラスの口コミと装着した感想(スタッドレスタイヤ)

2016年10月5日

ヴィッツのアイスガードIG50+の最安値価格

スタッドレスタイヤとホイールセット価格
・アイスガード5プラス IG50プラス 165/70R14
・14インチホイール

※2017年10月16日の価格比較です。(参考価格)
 
【楽天】
37100円(送料込み)
 
【アマゾン】
49100円(送料込み)
 
【ヤフーショッピング】
47400円(送料込み)

 
ヴィッツ用の165/70R14とホイールセット最安値価格は、「楽天」同価格でした。

売り切れなどで、現在は価格が変わっている場合があります。

現在の楽天価格はこちら
⇒ IG50+ 165/70R14 ヴィッツ ホイールセット最安値価格
 

現在のヤフーショッピング価格はこちら
⇒ IG50+ 165/70R14 ヴィッツ ホイールセット最安値価格

 
その他のメーカーはこちら
⇒ ヴィッツ用スタッドレスタイヤの最安値価格比較
 

いかがでしたか?
今回は、「ヴィッツのIG50+ 165/70R14 」の最安値価格でした。
スタッドレスタイヤ購入時の参考にしてください。