スタッドレスタイヤの製造年週・セリアルの見方は?

スタッドレスタイヤの製造年の確認方法を知っていますか?

タイヤには製造年と製造された週が記載されています。

「セリアル記号」とも呼ばれます。

どうやってタイヤの製造年を確認すればいいのか?

ここでは、タイヤのセリアルの確認方法を紹介します。

セリアルとは?

セリアル

セリアルは、タイヤの製造番号です。

セリアルには、製造年週が記載され、タイヤの側面に数字と記号で表示されています。

タイヤの側面に書かれている英数字がセリアルで、タイヤの作られた時期を確認することができます。

セリアルの場所はどこ?

タイヤのセリアル

セリアルはタイヤの側面に表記されています。

まず、タイヤの側面を見て4桁の数字を探します。

セリアルは、そんなに大きく書かれているわけではないので、よく見ないと分かりにくいので注意してください。
 

タイヤの側面には、いくつかの数字、記号が書かれています、

タイヤの側面に書かれているもの

  • メーカー名
  • タイヤの商品名
  • タイヤサイズ表示(偏平率、速度記号、 ロードインデックス(LI))
  • 製造年週
  • スリップサインの位置
  • 製造国
  • チューブレス表記

 
その表記の一つに、「製造年週」があります。

基本的に国内メーカのタイヤで同じような記載があり、製造年週は、このような4桁の数字で書かれています。

「JDA3411」

数字4桁の部分3411が製造年と製造週の表示になります。

その前にある英数字はメーカー独自の設計コードです。

製造週

最初の34という数字は、製造年週です。

その年の第1日曜から始まる週を「第1週」=「01」として数えられています。

34なので34週目に作られたタイヤということです。

34×7=238日 8月ごろ

製造週は、1年なので1~53までの数字になります。

製造年

11は西暦の最後の部分になります。

11の場合は、2011年製造です。

西暦の下2桁を表示します。1999年までは下一ケタを表示しています。

今回の画像のタイヤは、「2011年の34週目」に作られたタイヤです。

2011年の34週目は、計算すると2011年の8月頃です。
 

(セリアル表示の例)

例えば上記のタイヤの場合は、2014年24週目に作られたタイヤになります。

タイヤの使用年数

タイヤの製造年数は、タイヤの寿命を判断する一つの目安になります。

スタッドレスは走行距離や条件などにもよりますが、3~5年が使用の目安です。

ただし、残り溝が減ってスリップサインが出ているとスタッドレスタイヤとしては使用はできません。

スリップサインが出てしまうと、スタッドレスとしては使用できません。
 

また、タイヤは基本的に10年以上前に製造されたものは使わない方が良いです。

ゴムが劣化して、ひび割れなども進行している可能性があり、バーストにつながる危険性もあります。

まとめ

タイヤには製造週の分かるセリアルが記載されています。

タイヤの作られた時期を知るには、セリアルを確認してください。

少し小さく記載されているものもあるので、注意してください。
 

セリアルをチェックしてみて、製造年が古い時は交換を考えた方がいいかも知れません。
 

タイヤの寿命はこちらの記事 ▼

スタッドレスタイヤの寿命はどれぐらい?評価の高いメーカーは?

2016年10月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です