アウトランダーのヨコハマIG50+ 225/55R18の最安値価格

ヨコハマ(YOKOHAMA)
アイスガード5プラス IG50プラス(スタッドレスタイヤ )
「アウトランダーの225/55R18の価格は?」

三菱 アウトランダー

2代目 アウトランダー(2012年~)
 GF7W/8W型

 前期型 2012年10月〜2014年1月
 後期型 2014年2月~

アウトランダー
<アウトランダーのスタッドレス購入の流れ>

  • タイヤサイズを決める(純正サイズを参考)
  • スタッドレスの銘柄を選択
  • ホイールサイズを決める(純正サイズを参考)
  • ホイールセットの適合をチェック
  • ナットを選択
  • 型式:DBA-GF8W
  • 年式:2015年10月~
  • タイヤサイズ:225/55R18
  • ホイールサイズ:18×7J
  • ホール数:5穴
  • PCD:114.3
  • インセット:38

アウトランダーのナットサイズ

ホイールナット

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

スタッドレスタイヤの製造年の確認方法

タイヤには製造年が記載され、サイドの部分の数字が製造年(セリアル)表示です。

製造年

上記の数字の最後の2桁が製造年表示です。

最後の2桁が11なので、上記のタイヤは2011年34週目の製造です。
 
新しいタイヤが欲しいと思っても、タイヤ購入時には、基本的に製造年を指定できないと思った方がいいです。
 
タイヤの製造は、タイヤの売れ行きやサイズによって、製造タイミングが異なり、一番新しいタイヤを購入するのは難しいです。
 
通常は、製造年が1~2年前のタイヤが多く、需要の少ないサイズは古かったり、欠品してしまうこともあります。

新製品のタイヤなら、製造年は新しいです。

また、在庫品で製造年を記載して販売して、安く販売しているところもありますので、安く購入したい方は、そのような商品を狙うのもアリです。

ヨコハマ アイスガードIG50+の特徴

アイスガードはヨコハマタイヤのスタッドレスブランドです。

ice GUARD 5 PLUSの発売日は2015年8月

「スーパー吸水ゴム」の採用で氷上制動をアップさせたタイヤです。

旧モデルのアイスガードiG50より大きく向上しました。

燃費向上も考慮したスタッドレスタイヤです。

IG50+の詳細はこちら

冬タイヤ

ヨコハマ IG50プラスの口コミと装着した感想(スタッドレスタイヤ)

2016年10月5日

アイスガードシリーズ

タイヤのサイド

ヨコハマタイヤのスタッドレスがアイスガード(iceGUARD)シリーズです。

アイスガードは、現在7代目(iceGUARD7 iG70)になっています。

アイスガード5 PLUS(iG50+)
ゴム:スーパー吸水ゴム
2015年発売。
 
アイスガード6(iG60)
ゴム:プレミアム吸水ゴム
2017年発売。
 
アイスガード7(iG70)
ゴム:ウルトラ吸水ゴム
2021年発売。
アイスガードファイブプラス(iG50+)は、一部サイズを除き販売終了しています。

アイスガードのスタッドレスの最新モデルは、アイスガードセブン(iG70)です。

アウトランダーのアイスガードIG50+の最安値価格

スタッドレスタイヤとホイールセット価格
・アイスガード5プラス IG50プラス 225/55R18
・18インチホイール

※2017年1月26日の価格比較です。(参考価格)
 
楽天
119000円(送料込み)

アマゾン
126800円(送料込み)

ヤフーショッピング
119000円(送料込み)

 
アウトランダーの225/55R18とホイールセット最安値価格は、「楽天」「ヤフーショッピング」でした。

売り切れなどで、現在は価格が変わっている場合があります。

楽天

現在の「楽天価格」はこちら
⇒ IG50+ 225/55R18 アウトランダー ホイールセット最安値価格
 

ヤフーショッピング

現在の「ヤフーショッピング」の価格はこちら
⇒ IG50+ 225/55R18 アウトランダー ホイールセット最安値価格
 

いかがでしたか?
今回は、「アウトランダーの225/55R18のホイールセット」の最安値価格を調べました。
スタッドレスタイヤ購入時の参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。