スカイライン(V37)用17インチスタッドレスタイヤ価格比較(ホイールセット)

スカイラインのスタッドレスタイヤを安く買いたい。

タイヤ・ホイールはサイズの種類があり、どれを購入していいか分からない。

どこで購入するのが一番安いのか?

日産・スカイラインの17インチのスタッドレスのホイールセット購入時の疑問に答えます。

日産 スカイライン(V37)

%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3
スカイライン(V37)2014年2月~ 純正17インチ車

  • 型式:DBA-ZV37
  • 年式:2015年12月~
  • タイヤサイズ:225/55R17
  • ホイールサイズ:17×7.5J
  • ホール数:5穴
  • PCD:114.3
  • インセット:45

スカイライン(V37)にはランフラットタイヤが標準装備。
TPMS空気圧センサーバルブが、純正ホイールに装着。

※ typeSPは、19インチ装着です(245/40R19)
 キャリパーが大きいためインチダウン不可

スカイラインのナットサイズ

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.25
  • 21HEX(21ミリ)

スタッドレス購入の注意点

スタッドレスタイヤ購入時は、タイヤサイズ、ホイールサイズを間違えないようにしてください。
 
<スカイラインのタイヤサイズ>
225/55R17
 
ネットでの購入時には、適合車種にスカイラインの記載があるかをチェックしてください。
 
車の型式、年式は車検証で確認できます。

車検証

ホイールの適合は、年式、型式をチェックしてください。
 
さらに詳しい確認方法やタイヤサイズの確認方法などはこちら
⇒ ネットでスタッドレスタイヤの購入方法

スタッドレスタイヤの製造年

タイヤには製造年が記載されています。

タイヤのサイドの部分の数字が製造年(セリアル)表示です。

製造年

上記の数字の最後の2桁が製造年表示です。

最後の2桁が11なので、上記のタイヤは2011年34週目の製造です。
 

タイヤ購入時には、基本的に製造年を指定できないと思った方がいいです。

タイヤの製造は、タイヤの売れ行きやサイズによって、製造タイミングが異なります。
 
そのため、一番新しいタイヤを購入するのは難しいです。
 
通常は、製造年が1~2年前のタイヤが多いです。

新製品のタイヤなら、製造年は新しいです。

特に、需要の少ないサイズは古かったり、欠品してしまうこともあります。
 
また、在庫品で製造年を記載して販売しているものもあります。

逆に、古い製造年のため安く販売しているところもありますので、安く購入したい方は、そのような商品を狙うのもアリです。

スカイライン用スタッドレスセット最安値価格

通販

スタッドレスタイヤとホイールセット価格
 (ランフラットタイヤではありません)

ブリヂストン(BS)

ブリザックVRX
⇒ スカイラインV37のブリザックVRX 225/55R17最安値価格

ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)

アイスガード5プラス
⇒ スカイラインV37のヨコハマIG50+ 225/55R17最安値価格

ダンロップ(DUNLOP)

ウインターマックス02
⇒ スカイラインV37のダンロップWM02 225/55R17最安値価格
 
※2017年12月の価格比較です。(参考価格)

売り切れなどで、現在は価格が変わっている場合があります。
 
▼各タイヤの口コミはこちら
ブリザックVRX
WINTER MAXX02
IG50プラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です