ネットでスタッドレスタイヤホイールセットの購入方法、選び方。

<ネットでのスタッドレスタイヤホイールセットの購入方法>

スタッドレスタイヤはネットで買うのは難しい?

そんなふうには思いませんか?
タイヤサイズ・グレード・装着できるかどうかわからない・・・

いろいろな不安があるかもしれません。

しかし、
ネットで購入するメリットが数多くあります。

・購入にいく手間が省ける
・価格の比較ができる。
・好きな商品をゆっくり選べる
・もって帰らなくていい(自宅に届く)

そして、
一番は価格が安い。

安いところを比較できることです。

購入の手間・持ち帰り・価格と、
3つの大きなメリットがあるのは大きな魅力。

 

でも買い方がわからないから不安。

そんな方のために、
購入時のポイントを解説します。

 

ホイールセットの購入方法

まずは、自分のクルマの
「車種」「型式」「年式」「グレード」「タイヤサイズ」
この部分のデータが必要です。
(すべてがなくても大丈夫ですが、車検証があると楽です)

まず重要なのが車種・車名です。

この部分は、ご自身がお乗りのクルマなので、
わかるのではないかと思います。

「型式」「年式」は、
車検証を見る場合、こちらに書かれています。

・初年度登録が年式です。
(交付年月日は関係ありません)
・型式と書かれている部分が型式です。

タイヤサイズ

タイヤに関しては、
クルマのタイヤの側面に記載されています。

また、ドアなどに
タイヤサイズのラベルが表示されています。

タイヤの場合

ドアの場合

このタイヤサイズは重要です。

ホイールサイズ

ホイールサイズが、
少し専門的にはなりますが、
難しく考える必要はありません。

車種・型式。年式がわかれば、ある程度絞られます。

ホイールに関しては以下のような数字になります。

当サイトでもこのような感じで表記しています。

  • 型式:DAA-ZVW30
  • 年式:2009年5月~
  • タイヤサイズ:195/65R15
  • ホイールサイズ:15×6J
  • ホール数:5穴
  • PCD:100
  • インセット:45
ホイールサイズ

15×6J
この場合は、
15インチでホイール幅が6Jということになります。

同じサイズを選べば問題ありません。

ホール数

ホール数はホイールの穴の数です。
だいたい、4/5/6穴のどれかです。

軽自動車は、ほぼ4穴です。

PCD

PCDに関しては主に3パターン
100/114.3/139.7

ここの幅です。この場合は100です。

インセット(オフセットともいいます)

インセットはクルマによって違います。

インセットは、ホイールの裏側などに小さく書かれていることがありますが、
クルマにより決まっているので、この数字と同じか、近いホイールを選べばいいです。

この数字選びを間違えると、
タイヤがはみ出したり、干渉する場合があります。

と書くと「あー難しい」と感じるかもしれませんが、
ネット購入ならそのサイトページに適合車種が書かれているので、
そこに自分の車があるかを見ればわかるので、難しく考えなくていいです。

当サイトでは、
車種データーと価格比較をまとめましたので、
活用していただければと思います。

 

ホイールナット選び

最後に忘れてはいけないのが、ナットです。

クルマによりナットが必要になります。
(純正ナットが使用できない場合があります)

基本的に、
トヨタ車で純正ホイールを履いている車、
ホンダ車は社外品ナットが必要になります。

ホイールセット購入時は、
忘れず購入してください。

ナットにもサイズがあり、
おもに4パターンです。
・HEX21/M12×1.5 (トヨタ・ミツビシ・ダイハツ・マツダ)
・HEX19/M12×1.5 (ホンダ)
・HEX21/M12×1.25 (日産)
・HEX19/M12×1.25 (スバル・スズキ)

メーカーごとにある程度決まっていますので、
メーカーを確認して選んでください。

※ただし、一部OEMの車があります、その車は注意が必要です。
例:トヨタ86とスバルBRZ  スズキ「MRワゴン」と日産「モコ」 などなど

購入の流れ

最近では、購入時にフォームなどの記載を行い、
車検証のデーターを使用して、取り付けの適合確認をしてくれるところが多いです。

そのため、簡単に行え、ネット購入のハードルも下がっています。

車種、型式、年式、タイヤサイズである程度判断できます。

軽自動車に関しては、
多くの車で共有できるセットが多いです。

 

ネットでの購入は、車種が分かれば、
ある程度絞られますので、一度調べてみてはいかがでしょうか?

当サイトでは、車種ごとの最安値価格を安い順に並べ替えていますので、
参考にしていただければと思います。

ネット通販でスタッドレスタイヤ購入の3つの注意点。

降雪地域では必要になるスタッドレスタイヤ

2016y09m27d_175552404

スタッドレスは、
ネット通販で購入することができ、
年々購入者は増えているようです。

・価格が安い
・自宅に届く
・比較検討が楽

など便利な点が多いです。

自分でタイヤ交換ができれは、
自宅で交換することも可能ですし、
価格の安いスタンドなどで脱着作業を行えば
スタッドレスの購入価格を抑えることができます。

ただし、
注意点もいくつかありますので、
今回は3つの注意点をまとめました。

 

購入金額

購入価格の注意点として、
配送料込と別があります。

そのため、
送料を入れた最終価格で比較する必要があります。

また、お店により送料も異なりますので、
この部分も注意が必要です。

 

車へのマッチング

自分の車に撞着できるかどうか?
この部分は非常に重要です。

購入サイトには、サイズや車種の記載がありますが、
グレード、年式により装着できない場合もあります。

車種の部分に適合があるかしっかり確認してください。

また、最近では車検証のデーター記載フォームなどでの確認もありますので
車に合うサイズを選びましょう。

分からない部分は、
問い合わせをした方がいいです。

 

余裕を持って購入する

雪が降る前は、注文が集中することがあり、
配送が遅れる場合があります。

また、欠品が生じる場合があります。

ギリギリで購入すると、
雪に間に合わないこともありますので、
早めの購入が良いです。

店の発送などの対応は、
レビューで確認するのが分かりやすいです。

 

今回は、
「ネット通販での購入の注意点」をまとめました。

価格比較が容易で、安く買いやすいのはネット通販です。

ぜひ上手く活用して、
いいタイヤを安く購入して冬のカーライフも楽しみたいですね。