【ネット通販でスタッドレスタイヤを購入】失敗しないための注意点

ネット通販でタイヤを購入したいけど、どうすればいいの?

車に詳しくないとネットでタイヤを購入するのは難しいと思うかもしれません。

購入のポイントを抑えれば、ネットでスタッドレスを買うのは簡単です。

ネット通販でスタッドレスセットを購入したので、購入の流れや注意点を紹介します。

ネット通販でタイヤを購入

スタッドレスを安く買いたい時にはネット通販がオススメです。

価格比較が容易で、自宅にタイヤが届くので手間が省けます。

タイヤ交換を自分で行う方なら、ネット通販の利用がかなり便利です。

価格の比較も容易で、安く買えるところを探せます。
 

ただし、初めてタイヤを購入するときや車に詳しくないと購入方法が分からないかもしれません。

ここでは、ネットでホイールセットを購入しようと思った時、どのようなことに注意すればいいのか?ネット通販でのスタッドレスタイヤの購入方法を紹介します。

ネット通販での購入方法

ネット通販で購入する場合は、自分の乗っている車の車名、タイヤサイズ、ホイールサイズを知る必要があります。

車名やサイズ、メーカーなどをキーワードを検索窓に入力して、自分の車に合うスタッドレスタイヤを探していきます。
 
当サイトの記事では、タイヤ・ホイールの純正サイズも記載していますので参考にしてください。

車検証

まず、ネット通販でタイヤを購入するときに必要なものは車検証です。

車の詳細情報が記載されている車検証を用意するといいです。

まず、手元に車検証を用意してください。

車検証

必要なのは、車の名前、型式、年式です。(グレードも分かるといいです)

商品を買い物かごに入れて購入時に、車の情報を入力するページがあったり、購入手続き後にメールで車両情報をやりとりするところもあります。
 

他に追加の情報として必要になるのが現在装着しているタイヤサイズの入力も必要になることがあります。

タイヤサイズは、車のタイヤを確認すると分かります。

タイヤサイズ

タイヤの側面には〇〇◯/◯◯R◯◯といった表示があります。(上の画像のサイズは155/65R14です。)

タイヤサイズは、車のタイヤを見て、確認してください。

 
購入時に必要な情報は、購入するサイトやネットショップによって異なりますが、基本的には下記のような内容が必要です。

  • 車名
  • グレード
  • 型式
  • 初年度登録日
  • 純正タイヤサイズ

 
基本的には上記のような内容が必要なので、事前に確認しておくとラクです。
 

ホイールナット

また、ホイールナットが必要なことがあります。

特に、トヨタ、ホンダ、三菱車は純正ナットが使われているため注意が必要です。

ナット

ナットの形状が異なっており、市販品のホイールには装着できないことがあるため、別途テーパーナットの購入が必要です。
 
ナットの形状はこちらの記事をチェックしてください。
⇒ トヨタ車のナット
⇒ ホンダ車のナット
⇒ 三菱車のナット
 
中には純正ナット対応という商品もあります。購入時に確認してください。

ネット通販で購入時の注意点

購入時にはいくつかの注意点がありますが、購入時は以下の2つを確認してください。

  • 送料を確認する
  • 発送の時期を確認する

 
装着可能かどうかは一番重要ですが、上記の2つも重要なので確認してください。

送料を確認する

購入価格の注意点として、配送料込と別があります。

そのため、送料を入れた最終価格で比較する必要があります。
 
また、お店により送料も異なりますので、送料の金額も注意が必要です。

トータル価格で判断するようにしてください。

発送までの日にち

ホイールセット購入の場合は、少し時間がかかります。

車とのマッチング、在庫を確認して、在庫があればタイヤとホイールを組み付け作業、バランス調整を行い、発送するという流れになります。

バランス調整

シーズン中になると注文が重なり、発送までの時間が長くなることがあります。

発送日が具体的に書かれている所は、問題ないですが、1週間から10日はみたほうがいいかもしれません。

お店の発送などの対応は、レビューで確認するのが分かりやすいです。
 
スタッドレス購入時は、余裕を持って注文してください。

タイミングによっては、注文が重なって完売になったり、欠品になったりすることもあります。

雪が降る前のギリギリのタイミングで購入するのは避けた方がいいです。

その場合は、リアル店舗に行った方がいいです。
(ただし、リアル店舗も混むので時間がかかります。)

スタッドレスタイヤの製造年

タイヤには製造年が記載されています。

タイヤのサイドの部分の数字が製造年(セリアル)表示です。

製造年

上記の数字の最後の2桁が製造年表示です。

最後の2桁が11なので、上記のタイヤは2011年34週目の製造です。
 

タイヤ購入時には、基本的に製造年を指定できないと思った方がいいです。(タイヤの年数は指定できないことがほとんどです。)

タイヤの製造は、タイヤの売れ行きやサイズによって、製造タイミングが異なります。
 
そのため、一番新しいタイヤを購入するのは難しいです。
 
通常は、製造年が1~2年前のタイヤが多いです。

新製品のタイヤなら、製造年は新しいです。

特に、需要の少ないサイズは古かったり、欠品してしまうこともあります。
 
また、在庫品で年数の古いタイヤなどは、販売サイトに2017年製などと記載してあることがあります。

逆に、古い製造年のため安く販売しているところもありますので、安く購入したい方は、そのような商品を狙うのもアリです。

スタッドレスタイヤの梱包

タイヤやホイールに傷がついていないか心配になることもあるかもしれません。

梱包は問題ありませんでした。

スタッドレス

プチプチと段ボールで表面がしっかり覆われていました。

梱包

特に傷や破損はありませんでした。
 

スタッドレスは4本セットでサイズもあるので、置く場所を確保しておく必要があります。

今回は、佐川急便での配送で、注文から1週間ほどで届きました。

まとめ

通販

ネット通販でのタイヤの購入はそれほど難しくはありません。

色々なものをネットで購入するのは当たり前になっている時代で、購入も簡単になっています。

スタッドレスタイヤの場合は、車によってサイズが異なり、種類もあるため難しく感じますが、手順を踏んで行えば大丈夫です。

<スタッドレス購入の流れ>

  • タイヤサイズを決める(純正サイズを参考)
  • スタッドレスの銘柄を選択
  • ホイールサイズを決める(純正サイズを参考)
  • ホイールセットの適合をチェック
  • ナットを選択(必要な場合)

タイヤサイズの間違いには注意してください。
 
当サイトではそれぞれの車に合わせて絞り込んでいますので、トップページの車種名検索を使用してください。
⇒ トップページ
 
いいものを安く購入できるといいですね。