【ライズのインチダウンサイズ】16インチと15インチの価格比較

ライズのスタッドレスタイヤを安く買いたい。

タイヤ・ホイールはサイズの種類があり、どれを購入していいか分からない。

インチダウンはできるのか?

ライズのインチダウンサイズや16インチの価格の疑問に答えます。

ライズ

ライズ

ライズ(RAIZE)は、トヨタのコンパクトSUV。

ライズは、ダイハツのOEM車で、ダイハツ名は「ロッキー」です。
 
<ライズ>
A200S/210S型(2019年 – )

 
<駆動方式>

  • FF
  • 4WD

 
<グレード>

  • Z
  • G
  • X
  • X“S”

 
こちらのページでは、2019年に発売された「ライズ」について書いています。

ライズの純正タイヤサイズ

 
16インチのサイズ

  • 型式:5BA-A200S
  • 年式:2019年11月~
  • タイヤサイズ:195/65R16
  • ホイールサイズ:16×6J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:40

 

17インチ車

  • 型式:5BA-A200S
  • 年式:2019年11月~
  • タイヤサイズ:195/60R17
  • ホイールサイズ:17×6J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:40

ライズのグレードZが、17インチを装着しています。

ライズのグレード 純正ホイール
X 16インチ
X-S 16インチ
G 16インチ
Z 17インチ

ライズのナットサイズ

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

スタッドレス購入の注意点

スタッドレスタイヤ購入時は、タイヤサイズ、ホイールサイズとを間違えないようにしてください。
 
<ライズのタイヤサイズ>
195/65R16
 
ネットでの購入時には、適合車種にライズの記載があるかをチェックしてください。
 
車の型式、年式は車検証で確認できます。

車検証

ホイールの適合は、年式、型式をチェックしてください。
 
さらに詳しい確認方法やタイヤサイズの確認方法などはこちら
⇒ ネットでスタッドレスタイヤの購入方法

スタッドレスタイヤの製造年

タイヤには製造年が記載されています。

タイヤのサイドの部分の数字が製造年(セリアル)表示です。

製造年

上記の数字の最後の2桁が製造年表示です。

最後の2桁が11なので、上記のタイヤは2011年34週目の製造です。
 

タイヤ購入時には、基本的に製造年を指定できないと思った方がいいです。

タイヤの製造は、タイヤの売れ行きやサイズによって、製造タイミングが異なります。
 
そのため、一番新しいものや今年製造のタイヤ購入するのは難しいです。
 
通常は、製造年が1~2年前のタイヤが多いです。

新製品のタイヤなら、製造年は新しいです。

特に、需要の少ないサイズは古かったり、欠品してしまうこともあります。
 
また、在庫品で製造年を記載して販売しているものもあります。

逆に、古い製造年のため安く販売しているところもありますので、安く購入したい方は、そのような商品を狙うのもアリです。

ライズのスタッドレスの選び方

タイヤにはいろいろな種類があり、国内メーカーから海外メーカー、低価格のアジアンタイヤなどがあります。
 
スタッドレスタイヤ選びで迷うのは、「どのメーカーのタイヤを購入するのか?」という部分。
 

品質、性能を考えると、国内メーカーがオススメですが、使用用途や地域、価格とのバランスを考えるのがいいです。

雪道のスタッドレスタイヤ

特に、冬場の走行が多い方や降雪地域の方、雪道の運転に自信がない方は、日本のメーカーがいいです。

メーカーの中でも、いくつかのタイヤのパターンがありますので、スタッドレスは価格だけではなく、性能と価格とのバランスを考えて選ぶのがいいです。

ライズのインチダウン

 
ライズは純正16インチを装着しています。
 
17インチ車は、16インチのインチダウンが可能。

スタッドレスは17インチよりも16インチの方が価格が安いです。
 

ライズは15インチの装着も可能です。

15インチはホイールサイズに注意が必要で、適合ホイールを選ぶ必要があります。

15インチのサイズ:195/70R15
 
<タイヤ外径>

  • 195/65R16:659mm
  • 195/70R15:654mm

 
195/70R15は、16インチと同じようなタイヤ外径になります。

スタッドレス価格を安く抑えたい方は、15インチがいいですが、タイヤの厚みが増えるのでふらつきが増えるかもしれません。
 
基本的には、純正と同じサイズを選ぶのがいいですが、ここではインチダウン15インチの価格を紹介しています。

ライズのスタッドレス15インチと16インチの価格比較

 
ライズはインチダウンが可能で、15インチの方が価格は安くなります。

17インチ車、16インチ車も15インチの装着は可能です。
 

<価格比較の例>

ヨコハマ・アイスガードIG60の価格比較
・16インチの最安値価格:92,300円
・15インチの最安値価格:79,981円

 
ダンロップ・WINTER MAXX 02の価格比較
・16インチの最安値価格:85,800円
・15インチの最安値価格:78,500円
 
16インチと15インチの価格差は約7000円です。
 
スタッドレス価格を安く抑えたい方は、15インチがいいです。
 

ライズのインチダウンサイズのスタッドレス価格

ネットでのスタッドレスタイヤの購入は難しくありません。

ある程度、適合車種が決まっていて、装着するタイヤを決めれば簡単に購入できます。

通販

スタッドレスタイヤとホイールセット価格
・スタッドレスタイヤ 195/70R15
・15インチホイール

※2020年8月の価格比較です。(参考価格)
 

ライズ用の195/70R15とホイールセットが安いのは、「楽天・ヤフーショッピング」でした。

売り切れなどで、現在価格が変わっている場合があります。
 

楽天

78,500円(送料込み)
 
現在の「楽天価格」はこちら
⇒ ライズ WM02 195/70R15 ホイールセット
 

アマゾン

なし(送料込み)
 
現在の「アマゾン」の価格はこちら
⇒ ライズ WM02 195/70R15 ホイールセット

 

ヤフーショッピング

78,500円(送料込み)
 
現在の「ヤフーショッピング」の価格はこちら
⇒ ライズ WM02 195/70R15 ホイールセット

 

<その他のメーカーはこちら>
ブリヂストンの15インチ
ヨコハマの15インチ
 

ライズ用スタッドレスセット16インチ価格

■ ブリヂストン(BRIDGESTONE)
ブリザックVRX2
⇒ ライズ用のブリザックVRX2 195/65R16最安値価格

■ ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)
ライズ用のアイスガードIG60 195/65R16最安値価格

■ ダンロップ(DUNLOP)
WINTER MAXX 02
⇒ ライズ用のダンロップWM02 195/65R16最安値価格

■ トーヨー(TOYO)
OBSERVE GARIT GIZ
⇒ ライズ用のOBSERVE GARIT GIZ 195/65R16最安値価格

 

いかがでしたか?
今回は、「ライズのインチダウンサイズのスタッドレス 195/70R15 ホイールセット」の最安値価格でした。
スタッドレスタイヤ購入時の参考にしてください。