ラクティス(P100型)のヨコハマIG50+ 175/60R16最安値価格は?

ヨコハマ(YOKOHAMA)スタッドレスタイヤ
iceGUARD5PLUS アイスガード5プラス IG50プラス
175/60R16の価格は?

ラクティス (Ractis)

トヨタ・ラクティス
SCP10#/NCP10#型
初代 P100型 2005年~2010年11月

・1.3L (X・G)
・1.5L (X・G・S)

2代目のP120型はこちら
NSP120/NCP12#/NLP121型

<ラクティスのスタッドレス購入の流れ>

  • タイヤサイズを決める(純正サイズを参考)
  • スタッドレスの銘柄を選択
  • ホイールサイズを決める(純正サイズを参考)
  • ホイールセットの適合をチェック
  • ナットを選択

16インチ 20CS

  • 型式:DBA-NCP100
  • 年式:2009年10月~
  • タイヤサイズ:175/60R16
  • ホイールサイズ:16×5.5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:39

ラクティスのナットサイズ

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

※社外品ホイール装着時には、テーパーナットが必要です。

ラクティスのスタッドレス選びの注意点

タイヤの外径(直径)が標準サイズに対して±3%以内。
(車検では、スピードメーターが3%以内の誤差でなければいけません)
 純正と同サイズを選べばまず問題ないです(195/65R15)

 
ホイールやタイヤが外側に出っ張り、フェンダーからはみ出すと保管基準に適合しません。
(ホイールの幅とインセットに注意が必要です)

 
※ネット購入時は、適合確認でラクティスと書かれているかをチェックしてください。

スタッドレスタイヤの製造年の確認方法

タイヤには製造年が記載され、サイドの部分の数字が製造年(セリアル)表示です。

製造年

上記の数字の最後の2桁が製造年表示です。

最後の2桁が11なので、上記のタイヤは2011年34週目の製造です。
 
新しいタイヤが欲しいと思っても、タイヤ購入時には、基本的に製造年を指定できないと思った方がいいです。
 
タイヤの製造は、タイヤの売れ行きやサイズによって、製造タイミングが異なり、一番新しいタイヤを購入するのは難しいです。
 
通常は、製造年が1~2年前のタイヤが多く、需要の少ないサイズは古かったり、欠品してしまうこともあります。

新製品のタイヤなら、製造年は新しいです。

また、在庫品で製造年を記載して販売して、安く販売しているところもありますので、安く購入したい方は、そのような商品を狙うのもアリです。

ヨコハマ アイスガードIG50+の特徴

アイスガードはヨコハマタイヤのスタッドレスブランドです。

ice GUARD 5 PLUSの発売日は2015年8月

「スーパー吸水ゴム」の採用で氷上制動をアップさせたタイヤです。

旧モデルのアイスガードiG50より大きく向上しました。

燃費向上も考慮したスタッドレスタイヤです。

IG50+の詳細はこちら

冬タイヤ

ヨコハマ IG50プラスの口コミと装着した感想(スタッドレスタイヤ)

2016年10月5日

ラクティスのアイスガードIG50+の最安値価格

スタッドレスタイヤとホイールセット価格
・アイスガードIG50+ 175/60R16
・16インチホイール

※2017年5月17日の価格比較です。(参考価格)
 
【楽天】
79100円(送料込み)
 
【アマゾン】
なし
 
【ヤフーショッピング】
79100円(送料込み)

 
ラクティス用の175/60R16とホイールセット最安値価格は、「楽天」でした。

売り切れなどで、現在は価格が変わっている場合があります。

楽天

現在の「楽天価格」はこちら
⇒ IG50+ 175/60R16 ラクティス 最安値価格
 

ヤフーショッピング

現在の「ヤフーショッピング」の価格はこちら
⇒ IG50+ 175/60R16 ラクティス最安値価格
 

いかがでしたか?
今回は、「ラクティスのヨコハマiceGUARD IG50+の175/60R16」の最安値価格を調べました。
スタッドレスタイヤ購入時の参考にしてください。