200系ハイエースのスタッドレス 195/65R15LTの最安値価格

スタッドレスタイヤ購入情報

トヨタ・ハイエース200系のスタッドレス選び方です。

195/80R15の価格はいくら?

200系ハイエースのスタッドレス195/65R15LTの最安値価格をチェックしました。

トヨタ・ハイエース

 
ハイエース

5代目ハイエース (200系)
型式:TRH200/KDH200系
年式:2004年~
 
<ハイエースの種類>
・ロング・標準ボディ幅・標準ルーフ(バンDX、スーパーGL)
・ロング・標準ボディ幅・ハイルーフ(バンDX)
・ロング・ワイドボディ・ミドルルーフ(ワゴンDX)
・スーパーロング・ワイドボディ・ハイルーフ
(バンDX、ワゴン グランドキャビン、コミューターDX、コミューターGL、キャンパーベース車)

<ハイエースのスタッドレス購入の流れ>

  • タイヤサイズを決める(純正サイズを参考)
  • スタッドレスの銘柄を選択
  • ホイールサイズを決める(純正サイズを参考)
  • ホイールセットの適合をチェック
  • ナットを選択

ハイエースの純正タイヤ・ホイールサイズ

純正15インチを装着しています。

  • 型式:CBF-TRH200V
  • 年式:2010年11月~
  • タイヤサイズ:195/80R15 107/105
  • ホイールサイズ:15×6J
  • ホール数:6穴
  • PCD:139.7
  • インセット:35

 
タイヤはフロント・リアでタイヤの加重指数が違います。
・フロント:195/80R15 103/101LT
・リア:195/80R15 107/105LT
 
全車ホイールキャップ付きスチールホイールを標準装備しています。

アルミホイールを装着する場合は「JWL-T」刻印があるものでなければ車検は通りません。

ハイエースのナットサイズ

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

ハイエースのスタッドレス選びの注意点

タイヤの外径(直径)が標準サイズに対して±3%以内。

(車検では、スピードメーターが3%以内の誤差でなければいけません)
 純正と同サイズを選べばまず問題ないです(195/80R15)

 
ホイールやタイヤが外側に出っ張り、フェンダーからはみ出すと保安基準に適合しません。
(ホイールの幅とインセットに注意が必要です)

 
タイヤはLTサイズ

195/80R15 107/105LTのバン用のタイヤを装着します。

フロントとリアのサイズが違いますが、4本とも195/80R15 107/105LTにすることは可能です。
 

※ネット購入時は、適合確認で200系ハイエースと書かれているかをチェックしてください。
 

ハイエースのスタッドレスの選び方

タイヤにはいろいろな種類があり、国内メーカーから海外メーカー、低価格のアジアンタイヤなどがあります。
 
スタッドレスタイヤ選びで迷うのは、「どのメーカーのタイヤを購入するのか?」という部分。
 

品質、性能を考えると、国内メーカーがオススメですが、使用用途や地域、価格とのバランスを考えるのがいいです。

 
特に、冬場の走行が多い方や降雪地域の方、雪道の運転に自信がない方は、日本のメーカーがいいです。

雪道のスタッドレスタイヤ

有名国内メーカーは、以下のようなメーカーがあります。

  • ブリヂストン(BS)
  • ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)
  • ダンロップ(DUNLOP)

 
そのメーカーの中でも、いくつかのタイヤのパターンがありますので、価格、性能を考慮して選ぶのもいいです。

 
価格だけで見ると、輸入タイヤ(アジアンタイヤ)が安めです。

他には、旧タイプの商品や製造年数が経っているものも安めです。
 
ただ、このようなタイヤは、バリバリ雪道を走ったり、アイスバーンが多い降雪地域の方には、あまりおすすめではありません。

極端に安いタイヤは、ゴムの柔軟性がなく硬いものもあり、年数を乗るのは難しいです。

スタッドレスタイヤは、ゴムの硬度が重要なので、ゴムの硬さも重要になるので、価格だけではなく、性能と価格とのバランスを考えて選ぶのがいいです。
 

スタッドレスタイヤは、シーズン前の早期購入が、旧品などもあり、安く買えることがありますので早期購入がいいです。

シーズンになると欠品なども発生するので、余裕をもって購入してください。

スタッドレスタイヤの製造年

タイヤには製造年が記載されています。

タイヤのサイドの部分の数字が製造年(セリアル)表示です。

製造年

上記の数字の最後の2桁が製造年表示です。

最後の2桁が11なので、上記のタイヤは2011年34週目の製造です。
 

タイヤ購入時には、基本的に製造年を指定できないと思った方がいいです。

タイヤの製造は、タイヤの売れ行きやサイズによって、製造タイミングが異なり、一番新しいタイヤを購入するのは難しいです。

通常は、製造年が1~2年前のタイヤが多いです。

特に、需要の少ないサイズは古かったり、欠品してしまうこともあります。
 
また、在庫品で製造年を記載して販売しているものもあります。

逆に、古い製造年のため安く販売しているところもありますので、安く購入したい方は、そのような商品を狙うのもアリです。

ハイエース用スタッドレスセット最安値価格

いろいろなメーカーから販売されていますので、タイヤメーカーを決めて選んでいくのもいいです。

ブリヂストン(BS)

ブリザックVRX
⇒ 200系ハイエースのブリヂストンVL1 195/80R15の最安値価格

ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)

アイスガード5プラス
⇒ 200系ハイエースのヨコハマG073 195/80R15の最安値価格

ダンロップ(DUNLOP)

ウインターマックス02
⇒ 200系ハイエースのダンロップSV01 195/80R15の最安値価格

輸入タイヤ

輸入タイヤを含むスタッドレスタイヤ
⇒ 200系ハイエースのダンロップSV01 195/80R15の最安値価格

ホワイトレーターのスタッドレス

ドレスアップ重視の方向け
⇒ 200系ハイエースのホワイトレタータイヤ 195/80R15の最安値価格

 
売り切れなどで、現在は価格が変わっている場合があります。
 

スタッドレスタイヤ選びは悩みますが、使用条件、タイヤ性能、価格を考えてトータルで判断してください。
 

いかがでしたか?
今回は、「ハイエースのスタッドレスタイヤ」の最安値価格を調べました。
スタッドレスタイヤ購入時の参考になればと思います。

雪道の運転は十分注意してくださいね。