ロードスター用スタッドレスタイヤの最安値価格比較(ホイールセット)

スタッドレス車種別価格比較
マツダ ロードスター
タイヤサイズ 195/50R16

マツダ ロードスター

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
<ロードスターのスタッドレス購入の流れ>

  • タイヤサイズを決める(純正サイズを参考)
  • スタッドレスの銘柄を選択
  • ホイールサイズを決める(純正サイズを参考)
  • ホイールセットの適合をチェック
  • ナットを選択(必要な場合)

純正ホイールサイズ

  • 型式:DBA-ND5C
  • 年式:2015年6月~
  • タイヤサイズ:195/50R16
  • ホイールサイズ:16×6.5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:45

ロードスターのホイール選びの注意点

ホイールのホール数、PCDが前型とは違います。

現行型(ND5C)
・ホイール数:4穴 PCD:100

前型(NCEC)
・ホイール数:5穴 PCD:114.3

ホイール選びの際は注意してください。

マツダ ロードスターのナットサイズ

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

 

ロードスターのスタッドレスの選び方

タイヤメーカーにはいろいろな種類があります。

国内メーカーから海外メーカー、低価格のアジアンタイヤなどがあります。
 

スタッドレスタイヤ選びで迷うのは、「どのメーカーのタイヤを購入するのか?」という部分。
 

品質、性能を考えると、国内メーカーがオススメですが、使用用途や地域、価格とのバランスを考えるのがいいです。

 
特に、冬場の走行が多い方や降雪地域の方、雪道の運転に自信がない方は、日本のメーカーがいいです。
 

有名国内メーカーは、

  • ブリヂストン(BS)
  • ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)
  • ダンロップ(DUNLOP)

があげられます。
 

そのメーカーの中でも、いくつかのタイヤのパターンがありますので、価格、性能を考慮して選ぶのもいいです。

 

価格だけで見ると、輸入タイヤ(アジアンタイヤ)が安めです。

他には、旧タイプの商品や製造年数が経っているものも安めです。

 
ただ、このようなタイヤは、バリバリ雪道を走ったり、アイスバーンが多い降雪地域の方には、あまりおすすめではありません。

極端に安いタイヤは、ゴムの柔軟性がなく硬いものもあり、年数を乗るのは難しいです。

スタッドレスタイヤは、ゴムの硬度が重要なので、ゴムの硬さも重要になります。

 
スタッドレスは価格だけではなく、性能と価格とのバランスを考えて選ぶのがいいです。
 

スタッドレスに関しては、シーズン前の早期購入が、旧品などもあり、安く買えることがありますので早期購入がいいです。

シーズンになると欠品なども発生するので注意してください。

 

マツダ ロードスター用スタッドレスセット最安値価格比較

ブリヂストン(BS)

ブリザックVRX2
⇒ ロードスターのブリザックVRX2 195/50R16最安値価格

ブリザックVRX
⇒ ロードスターのブリザックVRX 195/50R16最安値価格は?

 

ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)

アイスガード6 IG60
⇒ ロードスターのヨコハマIG60 195/50R16最安値価格

アイスガード5プラス
⇒ ロードスターのヨコハマIG50+ 195/50R16最安値価格は?

 

ダンロップ(DUNLOP)

ウインターマックス02
⇒ ロードスターのダンロップWM02 195/50R16最安値価格は?
 

 

価格順で見ると一番安かったのは、
ヨコハマ アイスガード5プラス でした。
⇒ ロードスターのヨコハマIG50+ 195/50R16最安値価格は?

※2018年12月12日の価格比較です。
(参考価格)

売り切れなどで、現在価格が変わっている場合があります。

 
いかがでしたか?
今回は、「ロードスターのスタッドレスタイヤ 195/50R16」の最安値価格を調べました。
スタッドレスタイヤ購入時の参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です