スタッドレスタイヤの製造年週・セリアルの見方は?

スタッドレスタイヤの製造年週の確認方法

タイヤには製造年週が記載されています。
「セリアル記号」とも呼ばれます。

その確認方法について。

製造年週(セリアル)は、
タイヤの側面に数字と記号で表示されています。
まずタイヤの側面を見て4桁の数字を探します。

そんなに大きく書かれているわけではないので、
よく見ないと分かりにくいです。

タイヤの側面に書かれているもの

  • メーカー名
  • タイヤの商品名
  • タイヤサイズ表示(偏平率、速度記号、 ロードインデックス(LI))
  • 製造年週
  • スリップサインの位置
  • 製造国
  • チューブレス表記

その表記の一つに、
「製造年週」があります。

基本的に国内メーカのタイヤで同じような記載があり、
製造年週は、このような4桁の数字で書かれています。

「JDA3411」

数字4桁の部分3411が製造年と製造週の表示になります。
その前にある英数字はメーカー独自の設計コードです。

製造週

最初の34という数字は、
製造年週です。

その年の第1日曜から始まる週を「第1週」=「01」として数えられています。

34なので34週目に作られたタイヤということです。

34×7=238日 8月ごろ

製造週は、1年なので1~53までの数字になります。

製造年

11は西暦の最後の部分になりますので、
2011年製造です。

(西暦の下2桁を表示します。1999年までは下一ケタを表示しています)

今回の画像のタイヤは、「2011年の34週目」に作られたタイヤです。
(2011年の8月頃です)

タイヤの使用年数

タイヤの製造年数は、タイヤの寿命を判断する一つの目安になります。

スタッドレスは走行距離や条件などにもよりますが、
3~5年が使用の目安です。

ただし、
残り溝が減ってスリップサインが出ているとスタッドレスタイヤとしては使用はできません。

また、
タイヤは基本的に10年以上前に製造されたものは使わない方が良いです。

タイヤをチェックしてみて、
古いようだと交換を考えた方がいいかも知れません。

スタッドレスタイヤの性能低下に原因や交換の目安はいつ?

スタッドレスの性能低下に関して。

2016y09m27d_175552404

 

スタッドレスタイヤは、性能が低下すると、
どのような変化があるのでしょう?

 

今回は「スタッドレスタイヤの性能低下」についてです。
 

氷上性能

 
スタッドレスタイヤの性能低下が分かりやすいのが、「氷上性能」の部分です。

氷上性能の低下には、大きく分けると3つの原因があります。

 

偏摩耗

偏摩耗によって、接地が均一でなくなり、氷上性能が低下するケース

 

ゴムが硬くなる

柔らかいゴムが凍った路面に密着して、氷った路面でも止まります。

ゴムが硬くなると密着が弱くなり、滑りやすくなります。

 

溝が減る

溝が減ると、普通のタイヤと同じように、性能が低下していきます。

スリップサインは交換時期の一つの目安です。

 

タイヤは使用開始した時から、性能は低下していきます。

タイヤは消耗品なので、走行すれば減りますし、ゴムも年数がたてば、劣化したり硬くなります。

 

スタッドレスタイヤの交換の目安は3年 と言われます。

 

その理由として、適正に保管されたタイヤは、3年は同等の性能を発揮できることが確認されているため。

ただし、メーカーによって差はありますし、
アジアンタイヤなどは当てはまらない場合があります。

 

また、走行距離の多い方は、年数ではなく、残溝をチェックして、交換時期を判断する方がいいです。

 

スタッドレスタイヤは、メーカーにより特徴があり、性能差が分かりやすいので、信頼できるメーカーのタイヤを購入するのがおすすめです。
 

■ スタッドレスタイヤの口コミ
ブリヂストン ブリザックVRX
ダンロップ WINTER MAXX02
ヨコハマ IG50プラス
ファルケンESPIA W-ACE
イエローハットのアイスフロンテージ(ice frontage)

 

いかがでしたか?
今回は、「スタッドレスタイヤの年数」を調べました。
スタッドレスタイヤ購入時の参考になればと思います。

雪道の運転は気をつけてくださいね。