ロッキーのヨコハマスタッドレスのインチダウン価格は?15インチと16インチはどっちが安い?

「ロッキーのスタッドレスタイヤを安く買うには、どうすればいいの……
 
ロッキーのスタッドレスタイヤはいくつかあります。

「どのタイヤを選べばいいの?」

「サイズはどうすればいいの?」
 
ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)のスタッドレス・アイスガードIG60の金額をチェックしてみました。

タイヤ購入の参考にしてください。

ロッキー


引用:https://toyota.jp/raize/

ロッキー(RAIZE)は、ダイハツのコンパクトSUV。

ダイハツのOEM車で、トヨタ名は「ライズ」です。
 

<ロッキー>
初代 F300S型(1990年 – 2002年)
2代目 A200S/210S型(2019年 – )
 

こちらのページでは、2019年に発売された「ロッキー」について書いています。

 
<駆動方式>
FF
4WD
 

<グレード>
L
X
G
Premium

 

グレード G
全長×全幅×全高 3995×1695×1620
ホイールベース 2525mm
車両重量 980kg
エンジン 直3DOHC
総排気量 996cc
最大出力 72kw/6000rpm
最大トルク 140N.m/2400~4000rpm
燃料 レギュラー

ロッキーの純正タイヤサイズ

 
16インチのサイズ

  • 型式:5BA-A200S
  • 年式:2019年11月~
  • タイヤサイズ:195/65R16
  • ホイールサイズ:16×6?J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:50

 

ロッキーのインチダウン

インチダウン

ロッキーは純正16インチを装着しています。
 

17インチ車は、16インチへのインチダウンが可能。

スタッドレスは16インチの方が価格が安いです。
 

ロッキーは15インチの装着も可能です。
 
15インチのサイズ:195/70R15
 
<タイヤ外径>
195/65R16:659mm
195/70R15:654mm
 
さらに、スタッドレスの価格を安く抑えたい方は、15インチがいいです。

ライズのナットサイズ

ホイールナット

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

 

ロッキーのスタッドレスの選び方

タイヤにはいろいろな種類があり、国内メーカーから海外メーカー、低価格のアジアンタイヤなどがあります。
 
品質、性能を考えると、国内メーカーがオススメですが、使用用途や地域、価格とのバランスを考えるのがいいです。
 
特に、冬場の走行が多い方や降雪地域の方、雪道の運転に自信がない方は、日本のメーカーがいいです。

雪道のスタッドレスタイヤ

メーカーの中でも、いくつかのタイヤのパターンがありますので、スタッドレスは価格だけではなく、性能と価格とのバランスを考えて選ぶのがいいです。

スタッドレスタイヤの製造年

製造年

タイヤのサイドの部分には製造年(セリアル)が記載されています。

上の画像の数字、最後2桁が製造年表示です。

最後の2桁が11なので、上記のタイヤは2011年(34週目)の製造。

タイヤは、売れ行きやサイズによって製造タイミングが異なるため、タイヤの製造年の指定はできません。

製造年の詳しい確認方法はこちらの記事
スタッドレスタイヤの製造年の確認方法
 
在庫品や中古品で、古い製造年のタイヤを安く販売しているところもあります。

安く購入したい方は、そのような商品を狙うのもアリです。

ネット通販と店頭販売はどっちが安い?

スタッドレス

同じサイズのホイールセットを比較しましたが、確認時はネットと店頭ではネット通販の方が安かったです。

ネット通販は、価格の比較が簡単で、安いものから並べて表示可能。
 
店頭販売価格は、店によって違うので、どの店と比較するかにもよりますが、大手量販店の表示価格よりもネットの方が安かったです。

ネット購入の注意点は、到着まで時間がかかることです。

ショップによっては、到着まで1-2週間かかることもあり、急な雪マークが出た、すぐにスタッドレスが必要という場合は店頭購入する必要があります。

ホイールセットは、セットした状態で自宅に届くので、特に、自分で脱着作業をする方は、ネット通販での購入が便利でお得です。
スタッドレスタイヤを安く購入する5つの方法

iceGUARD IG60 アイスガード6

「iceGUARD 6(アイスガード シックス)」は2017年9月に発売されたヨコハマ(YOKOHAMA)のスタッドレスタイヤです。
 
「iceGUARD IG60 アイスガード アイジー ロクジュウ」

「アイスガード シックス」は、アイスガードの基本コンセプトである「氷に効く」、「永く効く」、「燃費に効く」に加え、第 4 のベネフィットとしてウェット性能(「ウェットに効く」)を新たに追加。

スタッドレスタイヤの最重要性能である氷上制動を大幅に向上させつつ、ウェット性能を一段と高めることを目指して開発。
 
iceGUARD IG60の特徴を簡単に言うと、今までのタイヤよりウェット性能が向上しています。
 

IG60の感想などはこちら
ヨコハマ アイスガード6 IG60の口コミ
 

ヨコハマIG60は、氷上性能も高く、バランスのいいスタッドレスタイヤです。

国産メーカーなので信頼度も高い人気のスタッドレスタイヤがヨコハマ・アイスガードIG60です。

ロッキーのスタッドレス15インチと16インチの価格比較

ライズはインチダウンが可能で、15インチの方が価格は安くなります。13

17インチ車、16インチ車も15インチの装着は可能です。
 

ヨコハマ iceGUARD IG60の価格比較
・16インチの最安値価格:94,300円
・15インチの最安値価格:81,500円
 
16インチと15インチの価格差は約13000円です。
 
スタッドレス価格を安く抑えたい方は、15インチがいいですが、そこまで価格差は大きくないので16ページインチの選択でもいいです。

ライズのアイスガードIG60の最安値価格

スタッドレスタイヤとホイールセット価格
・ヨコハマ iceGUARD IG60 195/70R15
・15インチホイール
 
※2019年12月29日の価格比較です。(参考価格)
 

ロッキーの195/70R15とホイールセットの最安値は「楽天」でした。

売り切れなどで、現在価格が変わっている場合があります。
 

楽天

 
81,500円 (送料込み)
 

現在の「楽天価格」はこちら
⇒ ロッキー IG60 195/70R15 ホイールセット
 

アマゾン

 
なし(送料込み)
 
現在の「アマゾン」の価格はこちら
⇒ ロッキー IG60 195/70R15 ホイールセット

 

ヤフーショッピング

 
81,500円(送料込み)
 
現在の「ヤフーショッピング」の価格はこちら
⇒ ロッキー IG60 195/70R15 ホイールセット
 

ロッキー用スタッドレスセット16インチの最安値価格

通販

■ ブリヂストン
ブリザックVRX2
⇒ ロッキー用のブリザックVRX2 195/65R16最安値価格

ブリザックVRX3
⇒ ロッキー用のブリザックVRX3 195/65R16最安値価格
 

■ ヨコハマ(YOKOHAMA)
アイスガードIG60
⇒ ロッキー用のヨコハマIG60 195/65R16最安値価格

 
■ ダンロップ(DUNLOP)
WINTER MAXX 02
⇒ ロッキー用のダンロップWM02 195/65R16最安値価格

 

いかがでしたか?
今回は、「ロッキーのインチダウンサイズの価格比較 ヨコハマ iceGUARD IG60 195/70R15 ホイールセット」の最安値価格でした。
スタッドレスタイヤ購入時の参考にしてください。