ソリオ バンディットのスタッドレスタイヤ 165/65R15の最安値価格は?

スタッドレスタイヤ購入情報
ソリオ バンディット(SOLIO)
165/65R15

ソリオ バンディット(SOLIO)

<グレード>
・HYBRID SV
・HYBRID MV

グレード HYBRID MV
全長×全幅×全高 3710×1625×1745
ホイールベース 2480mm
車両重量 950kg
エンジン 直列4気筒DOHC
総排気量 1242cc
最大出力 67ps/6000rpm
最大トルク 12Kg・m/4400rpm
10・15モード燃費 27.8km/L

ソリオ バンディットの純正サイズ

  • 型式:DAA-MA36S
  • 年式:2015年8月~
  • タイヤサイズ:165/65R15
  • ホイールサイズ:15×5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:45

 

ソリオ バンディットのスタッドレスの選び方

 
タイヤにはいろいろな種類があり、
国内メーカーから海外メーカー、
低価格のアジアンタイヤなどがあります。

 
スタッドレスタイヤ選びで迷うのは、
「どのメーカーのタイヤを購入するのか?」という部分。

 
品質、性能を考えると、
国内メーカーがオススメですが、
使用用途や地域、価格とのバランスを考えるのがいいです。

 
特に、
冬場の走行が多い方や降雪地域の方、
雪道の運転に自信がない方は、日本のメーカーがいいです。

雪道のスタッドレスタイヤ

有名国内メーカーは、
・ブリヂストン(BS)
・ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)
・ダンロップ(DUNLOP)
があげられます。

 
そのメーカーの中でも、
いくつかのタイヤのパターンがありますので、
価格、性能を考慮して選ぶのもいいです。

 
価格だけで見ると、
輸入タイヤ(アジアンタイヤ)が安めです。

他には、
旧タイプの商品や製造年数が経っているものも安めです。

 
ただ、このようなタイヤは、
バリバリ雪道を走ったり、アイスバーンが多い降雪地域の方には、
あまりおすすめではありません。

極端に安いタイヤは、
ゴムの柔軟性がなく硬いものもあり、年数を乗るのは難しいです。

スタッドレスタイヤは、
ゴムの硬度が重要なので、ゴムの硬さも重要になります。

 
スタッドレスは価格だけではなく、
性能と価格とのバランスを考えて選ぶのがいいです。

 
スタッドレスに関しては、
シーズン前の早期購入が、旧品などもあり、
安く買えることがありますので早期購入がいいです。

シーズンになると欠品なども発生するので注意してください。

 

ソリオ バンディット用スタッドレスセット最安値価格

ブリヂストン(BS)

ブリザックVRX2
⇒ ソリオ バンディットのブリザックVRX2 165/65R15の最安値価格

ブリザックVRX
⇒ ソリオ バンディットのブリザックVRX 165/65R15の最安値価格
 

ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)

iceGUARD IG60
⇒ ソリオ バンディットのヨコハマ IG60 165/65R15の最安値価格
 

ダンロップ(DUNLOP)

WINTER MAXX 02
⇒ ソリオ バンディットのダンロップWM02 165/65R15の最安値価格
 

FALKEN(ファルケン)

WESPIA W-ACE
⇒ ソリオ バンディットのファルケンW-ACE 165/65R15最安値価格

 
ソリオ バンディットの165/65R15とホイールセット最安値価格は、
「WESPIA W-ACE」でした。
 
売り切れなどで、
現在は価格が変わっている場合があります。

 

スタッドレスタイヤ選びは悩みますが、
使用条件、タイヤ性能、価格を考えてトータルで判断してください。
 

いかがでしたか?
今回は、「ソリオ バンディットのスタッドレスタイヤ 165/65R15 ホイールセット」の最安値価格を調べました。
スタッドレスタイヤ購入時の参考になればと思います。

雪道の運転は十分注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です