【ルーミーの15インチスタッドレス】旧品ヨコハマIG50+ 175/55R15最安値価格は?

ルーミーのスタッドレスタイヤを安く買いたい。

タイヤ・ホイールはサイズの種類があり、どれを購入していいか分からない。

どこのメーカーのタイヤが安いのか?

ルーミーのiceGUARD5 PLUS(IG50+) 15インチの価格や購入時の疑問に答えます。

ルーミー

2016y11m16d_170645487

トヨタのルーミーは、bBの後継モデルとも言われる普通乗用車です。

「ルーミー/タンク(ROOMY/TUNK)」がありますが、 販売店によって名前が異なるだけでベースは同じです。

・ルーミーはトヨタとカローラ店
・タンクはトヨペットとネッツ店

エクステリア(外観)の違いのみですが、フロント周りのデザインは大きく違いますので、好みが分かれるかもしれません。

また、ダイハツの「トール」、スバルの「ジャスティ」も同じ。

タイササイズもすべて、同じです。

<ルーミーのスタッドレス購入の流れ>

  • タイヤサイズを決める(純正サイズを参考)
  • スタッドレスの銘柄を選択
  • ホイールサイズを決める(純正サイズを参考)
  • ホイールセットの適合をチェック
  • ナットを選択

ルーミーのタイヤサイズ

タイヤサイズ

カスタムG-T

  • 型式:DBA-M900A
  • 年式:2016年11月~
  • タイヤサイズ:175/55R15
  • ホイールサイズ:15×5J
  • ホール数:4穴
  • PCD:100
  • インセット:40

 
※ 14インチ車:165/65R14

ルーミーのナットサイズ

ホイールナット

ホイールナットのサイズ

  • M12×1.5
  • 21HEX(21ミリ)

スタッドレス購入の注意点

車検証

スタッドレスタイヤ購入時は、タイヤサイズ、ホイールサイズを間違えないようにしてください。

ルーミーのタイヤサイズ:175/55R15

ネットでの購入時には、適合車種にルーミーの記載があるかをチェックしてください。
 
車の型式、年式は車検証で確認できます。

ホイールの適合は、年式、型式をチェックして、純正のサイズを参考にして選んでください。
 
さらに詳しい確認方法やタイヤサイズの確認方法などはこちら
⇒ ネットでスタッドレスタイヤの購入方法

ルーミーのインチダウン

インチダウン

インチダウンは、ホイールのサイズを小さくすることを言います。

タイヤの価格を抑えることができたり、雪面への接地圧が上がるなどのメリットがあるので、スタッドレスタイヤはインチダウンする方も多いです。

タンクのインチダウンは14インチまでです。13インチは不可

14インチ車は14インチを装着します。

15インチ車は、14インチを装着することも可能です。

ここでは、15インチ(175/55R15)のスタッドレスホイールセットについて書いています。

スタッドレスタイヤの製造年の確認方法

タイヤには製造年が記載され、サイドの部分の数字が製造年(セリアル)表示です。

製造年

上記の数字の最後の2桁が製造年表示です。

最後の2桁が11なので、上記のタイヤは2011年34週目の製造です。
 
新しいタイヤが欲しいと思っても、タイヤ購入時には、基本的に製造年を指定できないと思った方がいいです。
 
タイヤの製造は、タイヤの売れ行きやサイズによって、製造タイミングが異なり、一番新しいタイヤを購入するのは難しいです。
 
通常は、製造年が1~2年前のタイヤが多く、需要の少ないサイズは古かったり、欠品してしまうこともあります。

新製品のタイヤなら、製造年は新しいです。

また、在庫品で製造年を記載して販売して、安く販売しているところもありますので、安く購入したい方は、そのような商品を狙うのもアリです。

ネット通販と店頭販売はどっちが安い?

スタッドレス

同じサイズのホイールセットを比較しましたが、確認時はネットと店頭ではネット通販の方が安かったです。

ネット通販は、価格の比較が簡単で、安いものから並べて表示可能。

最安値価格との比較も容易です。
 
店頭販売価格は、店によってバラついているので、どの店と比較するかにもよりますが、大手量販店の表示価格よりもネットの方が安かったです。

ネット購入の注意点は、到着まで時間がかかることです。

ショップによっては、到着まで1-2週間かかることもあり、急な雪マークが出た、すぐにスタッドレスが必要という場合は店頭購入する必要があります。

ホイールセットを購入するときは、セットした状態で自宅に送られてくるので、楽です。

特に、自分で脱着作業をする方は、ネット通販での購入が便利でお得です。

アイスガード5 PLUS(IG50+)の特徴

アイスガードは、ヨコハマタイヤのスタッドレスブランドです。

アイスガードは、現在7代目(iceGUARD7 iG70)になっています。

アイスガード5 PLUS(iG50+)
ゴム:スーパー吸水ゴム
2015年発売。
 
アイスガード6(iG60)
ゴム:プレミアム吸水ゴム
2017年発売。
 
アイスガード7(iG70)
ゴム:ウルトラ吸水ゴム
2021年発売。
ice GUARD 5 PLUSの発売日は2015年8月

アイスガード5 PLUSは、「スーパー吸水ゴム」の採用で氷上制動をアップさせています。

旧モデルのアイスガードiG50より大きく良くなり、燃費向上も考慮したスタッドレスタイヤです。

IG50+の詳細はこちら
⇒ ヨコハマ IG50プラスの口コミ

ルーミーのアイスガードIG50+の最安値価格

通販

スタッドレスタイヤとホイールセット価格
・iceGUARD5 PLUS(IG50+) 175/55R15
・15インチホイール
 
175/55R15を使用している車は少ないため、流通量は少なめです。
 

▼175/55R15のスタッドレス

  • ブリヂストン BLIZZAK VRX
  • ダンロップ WINTER MAXX 175/55R15
  • YOKOHAMA ice GUARD 5 iG50 175/55R15
  • TOYO ガリットGIZ
  • GOODYEAR / ICE NAVI ZEA
  • コンチネンタル コンチ バイキングコンタクト6
  • NANKANG(ナンカン)ESSN-1

 

現在の、ルーミーのスタッドレスセット 175/55R15ホイールセット価格
 
楽天
 175/55R15 IG50+ ルーミー ホイールセット最安値価格

 
ヤフーショッピング
 175/55R15 IG50+ ルーミー ホイールセット最安値価格
 

注意点として、ルーミーはグレード(タイヤサイズ)ごとに、ステアリングの切れ角を変えてありますので、ホイールサイズにより、干渉する場合もありますので注意してください。

メーカー別のルーミーのスタッドレスセット価格

ブリヂストン(BS)

ブリザックVRX2
⇒ ルーミーのブリザックVRX2 175/55R15最安値価格

ブリザックVRX
⇒ ルーミーのブリザックVRX 175/55R15最安値価格

ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)

アイスガード6
⇒ ルーミーのIG60 175/55R15最安値価格

アイスガード5プラス
⇒ ルーミーのIG50+ 175/55R15最安値価格

ダンロップ(DUNLOP)

ウインターマックス02
⇒ ルーミーのダンロップWM02 175/55R15最安値価格

トーヨー(TOYO)

ガリットGIZ
⇒ ルーミーのガリットGIZ 175/55R15最安値価格

 
インチダウンサイズの14インチも、販売している所もありますので、こちらの記事を参考にしてください。

⇒ ルーミーの14インチVRX 165/65R14の最安値価格は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。